ダイアモックス[アセタゾラミド]作用機序、特徴、副作用

2017年12月4日

むくみ薬イラスト

スポンサーリンク

ダイアモックス[アセタゾラミド]:利尿薬の使い分け

ダイアモックス[アセタゾラミド]は利尿薬として使用される治療薬です。

血圧降下薬として利尿薬を使う場合は、一般的にサイアザイド系利尿薬が使用されることが多く、特にeGFR[腎機能の指標]が30以上ではサイアザイド系利尿薬を用います。

利尿薬使い分け

一方で、eGFRが30未満の場合はループ利尿薬を用います。

ループ利尿薬はサイアザイド系利尿薬よりも利尿効果は高くなるんですが、降圧効果は低いとされているため、効果が不十分の場合に両者を併用することもあります。

他の血圧降下薬との併用も推奨される場合がありますが、糖・脂質代謝に影響を与えるため、β遮断薬との併用は行いません。

低ナトリウム血症や低カリウム血症、耐糖能低下による高血糖、高尿酸血症、高中性脂肪血症などへの副作用に注意します。

ダイアモックス[アセタゾラミド]の作用機序、特徴

ダイアモックス[アセタゾラミド]は炭酸脱水酵素阻害薬として繁用されている薬です。

ダイアモックス作用機序

腎臓中の尿細管は、近位尿細管、ヘンレループ、遠位尿細管、集合管の4つに分かれます。

尿細管の主な役割は、身体に必要な物質を回収して再利用する「再吸収」を行うことです。

やっくん

やっくん

ダイアモックス[アセタゾラミド]は、近位尿細管におけるNa+とH+の交換ポンプを抑制します。

ナトリウムが尿として身体の外に排出されるため、身体の中の血液量が減り、塩分によるむくみが減ることで血圧が下がるのです。

ダイアモックス[アセタゾラミド]の副作用

ダイアモックス[アセタゾラミド]は1955年からと古くから使用されている薬です。

ダイアモックスの副作用はいくつか報告されています。

サイアザイド系利尿薬やループ利尿薬で見られてた低カリウム血症、高血糖、高尿酸血症などの代謝異常に加え、アシドーシスアルカリ尿に注意しなければなりません。

ダイアモックスによる低カリウム血症は、以下の機序で起こります。
低カリウム血症機序
低カリウム血症がおこることで、インスリンの分泌障害による高血糖、近位尿細管による尿酸の再吸収が促進されます。

また、ダイアモックスによるアシドーシス、アルカリ尿は以下の機序で起こります。ダイアモックスアシドーシス機序

ダイアモックスは、これらの副作用の影響か他の利尿薬よりも使用頻度が低い薬です。

ダイアモックス[アセタゾラミド]の禁忌

  • 進行した肝疾患、高度の肝機能障害
    [血中アンモニア濃度を上昇させ、肝性昏睡を誘発するおそれがあります。]
  • 無尿、急性腎不全[ダイアモックスの排泄遅延より副作用が強く現れることがあります。]
  • 高クロール血症性アシドーシス、体液中Na・K減少、副腎機能不全・アジソン病
    [電解質異常が増悪されるおそれがあります。]
  • 慢性閉塞隅角緑内障の患者[緑内障の悪化が不顕性化されるおそれがあります。]

スポンサーリンク

人気のページ

薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました

薬剤師薬学生LINEスタンプ

Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)