ルネトロン[ブメタニド]作用機序、特徴、副作用

2017年12月4日

むくみ薬イラスト

スポンサーリンク

ルネトロン[ブメタニド]:利尿薬の使い分け

ルネトロン[ブメタニド]は利尿薬として使用される治療薬です。

血圧降下薬として利尿薬を使う場合は、一般的にサイアザイド系利尿薬が使用されることが多く、特にeGFR[腎機能の指標]が30以上ではサイアザイド系利尿薬を用います。

一方で、eGFRが30未満の場合はループ利尿薬を用います。

利尿薬使い分け

ループ利尿薬はサイアザイド系利尿薬よりも利尿効果は高くなりますが、降圧効果は低いとされているため、効果が不十分の場合に両者を併用することもあります。

他の血圧降下薬との併用も推奨される場合がありますが、糖・脂質代謝に影響を与えるため、β遮断薬との併用は行いません。

低ナトリウム血症や低カリウム血症、耐糖能低下による高血糖、高尿酸血症、高中性脂肪血症などへの副作用に注意します。

ルネトロン[ブメタニド]の作用機序、特徴

ループ利尿薬は、ラシックス[フロセミド]、ルネトロン[ブメタニド]、ダイアート[アゾセミド]、ルプラック[トラセミド]などが分類されています。

ルネトロン[ブメタニド]はループ利尿薬で古くから使用されている薬です。

ルネトロン作用機序

腎臓中の尿細管は、近位尿細管、ヘンレループ、遠位尿細管、集合管の4つに分かれます。

尿細管の主な役割は、身体に必要な物質を回収して再利用する「再吸収」を行うことです。

やっくん

やっくん

ルネトロン[ブメタニド]は、ヘンレループにおけるNa+とCl、K+の再吸収を抑制します。

ナトリウムが尿として身体の外に排出されるため、身体の中の血液量が減り、塩分によるむくみが減ることで血圧が下がるのです。

ルネトロンの特徴:強力かつ即効性の利尿作用

ルネトロンはラシックスと比べ、約40倍の利尿作用があります。

また、投与後30分程度で効果を発揮するため、即効性においても他薬より優れています。

しかし、この強力かつ即効性の面から、脱水などの副作用には十分に注意する必要があります。

ルネトロン[ブメタニド]の副作用

ルネトロン[ブメタニド]は、1976年に利尿薬として承認された古い薬です。

主な副作用は、脱力・倦怠感[1.45%]、筋肉痛[0.66%]、悪心・嘔気[0.61%]などが報告されています。

中でも、低カリウム血症、高血糖、高尿酸血症に注意しなければなりません。

ルネトロンの副作用:低カリウム血症

ルネトロンはナトリウムの再吸収だけでなく、カリウムの再吸収も抑制してしまいます。

そのため低カリウム血症に注意しなければならないのです。

また、低カリウム血症がおこることで、インスリンの分泌障害による高血糖、近位尿細管による尿酸の再吸収が促進されます。

ルネトロン[ブメタニド]の禁忌

  • 無尿の患者
    [有効循環血液量が減少し、糸球体ろ過率の低下のため尿素窒素が上昇することがあります。]
  • 肝性昏睡
    [血中アンモニア濃度を上昇させ、症状を悪化させるおそれがあります。]
  • 体液中ナトリウム、カリウム減少[電解質失調を促進させるおそれがあります。]

スポンサーリンク

人気のページ

薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました

薬剤師薬学生LINEスタンプ

Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)