血栓・血流障害の薬一覧表

血栓・血流障害の薬

抗凝固(抗血栓)薬

 

Xa阻害薬

 

直接トロンビン阻害剤

 

抗血小板(抗血栓)薬

ADP受容体阻害薬

 

ホスホジエステラーゼ阻害薬

 

5-HT2受容体阻害薬

 

シクロオキシゲナーゼ阻害薬

 

プロスタサイクリン阻害薬

 

アラキドン酸拮抗薬

 

配合薬

 

エダラボン[ラジカット]
脳梗塞の急性期に使用される薬で、発症後24時間以内に使用すると、脳の浮腫やフリーラジカルが消去され病巣の拡大を防ぐことができます。

 

止血薬

 

血栓・血流障害の薬一覧表記事一覧

ワーファリン[ワルファリンカリウム]作用機序、特徴、副作用

ワーファリン[ワルファリンカリウム]は血栓・塞栓、血流障害で使用される治療薬です。血栓と聞いても、あまりなじみがないかもしれませんが、いわゆる血液の一部が固まり、血液が詰まることです。血栓を放っておくと、心筋梗塞や脳梗塞、肺塞栓などを引き起こします。心筋梗塞や脳梗塞、肺塞栓は死に至る可能性が非常に高...

≫続きを読む

イグザレルト[リバーロキサン]作用機序、特徴、副作用

イグザレルト[リバーロキサン]は血栓・塞栓、血流障害で使用される治療薬です。血栓と聞いても、あまりなじみがないかもしれませんが、いわゆる血液の一部が固まり、血液が詰まることです。血栓を放っておくと、心筋梗塞や脳梗塞、肺塞栓などを引き起こします。心筋梗塞や脳梗塞、肺塞栓は死に至る可能性が非常に高いため...

≫続きを読む

リクシアナ[エドキサバン]作用機序、特徴、副作用

リクシアナ[エドキサバン]は血栓・塞栓、血流障害で使用される治療薬です。血栓と聞いても、あまりなじみがないかもしれませんが、いわゆる血液の一部が固まり、血液が詰まることです。血栓を放っておくと、心筋梗塞や脳梗塞、肺塞栓などを引き起こします。心筋梗塞や脳梗塞、肺塞栓は死に至る可能性が非常に高いため、早...

≫続きを読む

エリキュース[アピキサバン]作用機序、特徴、副作用

エリキュース[アピキサバン]は血栓・塞栓、血流障害で使用される治療薬です。血栓と聞いても、あまりなじみがないかもしれませんが、いわゆる血液の一部が固まり、血液が詰まることです。血栓を放っておくと、心筋梗塞や脳梗塞、肺塞栓などを引き起こします。心筋梗塞や脳梗塞、肺塞栓は死に至る可能性が非常に高いため、...

≫続きを読む

プラザキサ[ダビガトラン]作用機序、特徴、副作用

プラザキサ[ダビガトラン]は血栓・塞栓、血流障害で使用される治療薬です。血栓と聞いても、あまりなじみがないかもしれませんが、いわゆる血液の一部が固まり、血液が詰まることです。血栓を放っておくと、心筋梗塞や脳梗塞、肺塞栓などを引き起こします。心筋梗塞や脳梗塞、肺塞栓は死に至る可能性が非常に高いため、早...

≫続きを読む

パナルジン[チクロピジン]作用機序、特徴、副作用

パナルジン[チクロピジン]は血栓・塞栓、血流障害で使用される治療薬です。血小板をターゲットとした薬では、世界で初めて開発された薬です。血栓と聞いても、あまりなじみがないかもしれませんが、いわゆる血液の一部が固まり、血液が詰まることです。血栓を放っておくと、心筋梗塞や脳梗塞、肺塞栓などを引き起こします...

≫続きを読む

プラビックス[クロピドグレル]作用機序、特徴、副作用

プラビックス[クロピドグレル]は血栓・塞栓、血流障害で使用される治療薬です。血栓と聞いても、あまりなじみがないかもしれませんが、いわゆる血液の一部が固まり、血液が詰まることです。血栓を放っておくと、心筋梗塞や脳梗塞、肺塞栓などを引き起こします。心筋梗塞や脳梗塞、肺塞栓は死に至る可能性が非常に高いため...

≫続きを読む

エフィエント[プラスグレル]作用機序、特徴、副作用

エフィエント[プラスグレル]は血栓・塞栓、血流障害で使用される治療薬です。血栓と聞いても、あまりなじみがないかもしれませんが、いわゆる血液の一部が固まり、血液が詰まることです。血栓を放っておくと、心筋梗塞や脳梗塞、肺塞栓などを引き起こします。心筋梗塞や脳梗塞、肺塞栓は死に至る可能性が非常に高いため、...

≫続きを読む

ブリリンタ[チカグレロル]作用機序、特徴、副作用

ブリリンタ[チカグレロル]は血栓・塞栓、血流障害で使用される治療薬です。血栓と聞いても、あまりなじみがないかもしれませんが、いわゆる血液の一部が固まり、血液が詰まることです。血栓を放っておくと、心筋梗塞や脳梗塞、肺塞栓などを引き起こします。心筋梗塞や脳梗塞、肺塞栓は死に至る可能性が非常に高いため、早...

≫続きを読む

プレタール[シロスタゾール]作用機序、特徴、副作用

プレタール[シロスタゾール]は血栓・塞栓、血流障害で使用される治療薬です。血栓と聞いても、あまりなじみがないかもしれませんが、いわゆる血液の一部が固まり、血液が詰まることです。血栓を放っておくと、心筋梗塞や脳梗塞、肺塞栓などを引き起こします。心筋梗塞や脳梗塞、肺塞栓は死に至る可能性が非常に高いため、...

≫続きを読む

アンプラーグ[サルポグレラート]作用機序、特徴、副作用

アンプラーグ[サルポグレラート]は血栓・塞栓、血流障害で使用される治療薬です。血栓と聞いても、あまりなじみがないかもしれませんが、いわゆる血液の一部が固まり、血液が詰まることです。血栓を放っておくと、心筋梗塞や脳梗塞、肺塞栓などを引き起こします。心筋梗塞や脳梗塞、肺塞栓は死に至る可能性が非常に高いた...

≫続きを読む

バイアスピリン[アスピリン]作用機序、特徴、副作用

バイアスピリン[アスピリン]は血栓・塞栓、血流障害で使用される治療薬です。血栓と聞いても、あまりなじみがないかもしれませんが、いわゆる血液の一部が固まり、血液が詰まることです。血栓を放っておくと、心筋梗塞や脳梗塞、肺塞栓などを引き起こします。心筋梗塞や脳梗塞、肺塞栓は死に至る可能性が非常に高いため、...

≫続きを読む

バファリン[アスピリン/ダイアルミネート]作用機序・特徴

バファリン[アスピリン/ダイアルミネート]は血栓・塞栓、血流障害で使用される治療薬です。血栓と聞いても、あまりなじみがないかもしれませんが、いわゆる血液の一部が固まり、血液が詰まることです。血栓を放っておくと、心筋梗塞や脳梗塞、肺塞栓などを引き起こします。心筋梗塞や脳梗塞、肺塞栓は死に至る可能性が非...

≫続きを読む

タケルダ[アスピリン/ランソプラゾール]作用機序・特徴

タケルダ[アスピリン/ランソプラゾール]は血栓・塞栓、血流障害で使用される治療薬です。血栓と聞いても、あまりなじみがないかもしれませんが、いわゆる血液の一部が固まり、血液が詰まることです。血栓を放っておくと、心筋梗塞や脳梗塞、肺塞栓などを引き起こします。心筋梗塞や脳梗塞、肺塞栓は死に至る可能性が非常...

≫続きを読む

プロサイリン、ドルナー[ベラプロスト]作用機序、特徴、副作用

プロサイリン、ドルナー[ベラプロスト]は血栓・塞栓、血流障害で使用される治療薬です。血栓と聞いても、あまりなじみがないかもしれませんが、いわゆる血液の一部が固まり、血液が詰まることです。血栓を放っておくと、心筋梗塞や脳梗塞、肺塞栓などを引き起こします。心筋梗塞や脳梗塞、肺塞栓は死に至る可能性が非常に...

≫続きを読む

オパルモン、プロレナール[リマプロスト]作用機序、副作用、特徴

オパルモン、プロレナール[リマプロストアルファデクス]は血栓・塞栓、血流障害で使用される治療薬です。血栓と聞いても、あまりなじみがないかもしれませんが、いわゆる血液の一部が固まり、血液が詰まることです。血栓を放っておくと、心筋梗塞や脳梗塞、肺塞栓などを引き起こします。心筋梗塞や脳梗塞、肺塞栓は死に至...

≫続きを読む

パルクス注、プロスタンディン注[アルプロスタジル]作用機序

パルクス注、プロスタンディン注[アルプロスタジル]は血栓・塞栓、血流障害で使用される治療薬です。血栓と聞いても、あまりなじみがないかもしれませんが、いわゆる血液の一部が固まり、血液が詰まることです。血栓を放っておくと、心筋梗塞や脳梗塞、肺塞栓などを引き起こします。心筋梗塞や脳梗塞、肺塞栓は死に至る可...

≫続きを読む

エパデール[イコサペント酸エチル]作用機序:血栓・血流障害の薬

エパデール[イコサペント酸エチル]は血栓・塞栓、血流障害で使用される治療薬です。血栓と聞いても、あまりなじみがないかもしれませんが、いわゆる血液の一部が固まり、血液が詰まることです。血栓を放っておくと、心筋梗塞や脳梗塞、肺塞栓などを引き起こします。心筋梗塞や脳梗塞、肺塞栓は死に至る可能性が非常に高い...

≫続きを読む

コンプラビン[クロピドグレル/アスピリン]作用機序・特徴

コンプラビン[クロピドグレル/アスピリン]は血栓・塞栓、血流障害で使用される治療薬です。血栓と聞いても、あまりなじみがないかもしれませんが、いわゆる血液の一部が固まり、血液が詰まることです。血栓を放っておくと、心筋梗塞や脳梗塞、肺塞栓などを引き起こします。心筋梗塞や脳梗塞、肺塞栓は死に至る可能性が非...

≫続きを読む

アドナ[カルバゾクロム]作用機序、特徴、副作用

アドナ[カルバゾクロム]は出血傾向の患者さんに使用される止血薬として使用されています。出血の起こしやすさに、血管透過性という概念があります。通常、水分や低分子物質は血管壁を通過することができますが、アルブミンのような血漿タンパク質は通過することができません。(図.左)しかし、炎症など、なんらかの影響...

≫続きを読む

トランサミン[トラネキサム酸]作用機序、特徴、副作用

トランサミン[トラネキサム酸]は出血傾向の患者さんに使用される止血薬として使用されています。どうすれば出血後に止血されるのかを見てみましょう。フィブリンの合成[抗凝固系カスケード]血液中にある元々あるフィブリノーゲンが、トロンビンの作用を受けることによってフィブリンの合成が起こります。フィブリンは、...

≫続きを読む

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ


Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ


TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職