解熱鎮痛薬一覧表

解熱鎮痛薬

非ステロイド抗炎症薬[内服]

短時間の強い効果

 

長時間の強い効果

 

効果がゆるやか

 

COX-2選択的阻害薬

 

非ステロイド性塩基性抗炎症薬

 

非ステロイド抗炎症薬[坐薬]

 

非ステロイド抗炎症薬[塗り薬]

 

非ステロイド性抗炎症薬[貼り薬]

 

一般名 製品名 剤形 用法
サリチル酸メチル・メントール MS冷シップ 冷感パップ剤(NSAIDs非含有) 1日1~2回
サリチル酸メチル・トウガラシ MS温シップ 温感パップ剤(NSAIDs非含有) 1日1~2回
インドメタシン

インサイドパップ
インテナースパップ
カトレップパップ

パップ剤 1日2回
カトレップテープ   1日2回
フェルビナク セルタッチパップ パップ剤 1日2回
ロキソプロフェン ロキソニンパップ パップ剤 1日1回
ロキソニンテープ 粘着テープ式プラスター製剤 1日1回
ジクロフェナク ボルタレンテープ 粘着テープ式プラスター製剤 1日1回
ケトプロフェン

モーラスパップ
ミルタックスパップ

パップ剤 1日2回
モーラスパップXR 1日1回
モーラステープ 粘着テープ式プラスター製剤 1日1回
フルルビプロフェン

アドフィードパップ
ステイバンパップ
ゼポラスパップ
フルルバンパップ

パップ剤 1日2回

ヤクバンテープ
ゼポラステープ

  1日2回
エスフルルビプロフェン ロコアテープ   1日1回

 

 

その他解熱鎮痛薬

非ピリン系解熱鎮痛薬

 

ピリン系解熱鎮痛薬

  • スルピリン
  • ミグレニン

熱があるときや痛みがあるときに頓服で使用されます。
アスピリンはピリン系ではなく、NSAIDsに含まれます。

 

総合感冒薬

  • サリチルアミド・アセトアミノフェン・無水カフェイン・メチレンジサリチル酸プロメタジン配合剤[PL顆粒]

抗ヒスタミン薬(プロメタジン)が入っているため、眠くなることがあります。

 

非麻薬性オピオイド系鎮痛薬

 

麻薬性オピオイド鎮痛薬

 

SNRI(選択的セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)

 

ワクシニアウイルス接種家兎炎症皮膚抽出液[ノイロトロピン]
炎症や熱を下げる効果はありませんが、高い鎮痛作用を持つ薬です。
すぐに効く薬ではないため、症状改善には2週間程度の服用が必要です。

 

消炎酵素薬

  • 蛋白分解酵素セラペプターゼ[ダーゼン]
  • プロナーゼ[ガスチーム]
  • ブロメライン
  • 多糖体分解酵素塩化リゾチーム[ノイチーム、レフトーゼ]

炎症部位で作られる不要なタンパク質を分解する酵素薬です。

片頭痛治療薬

  • ロメリジン塩酸塩[ミグシス、テラシス]

片頭痛は頭の血管が収縮した後拡張して起きるため、血管の収縮を押さえることで片頭痛の予防に使用される片頭痛予防薬です。

  • スマトリプタン[イミグラン]
  • ゾルミトリプタン[ゾーミッグ]
  • リザトリプタン[マクサルトRPD]

片頭痛の発作時(血管拡張時)に、脳の血管を収縮させて片頭痛症状を改善する片頭痛治療薬です。

  • エルゴタミン製剤[ジヒデルゴット]

ライ麦に発生するカビである麦角菌から作られます。
片頭痛の始まりの時にこの薬を使用すると、血管の拡張を防ぎ、血管を収縮させるため非常に効果的な片頭痛治療薬です。

中枢性鎮痛薬

経口オピオイド麻薬

脳に働いて痛みを抑える強力な麻薬です。
飲み薬は4時間おき、坐薬は8時間おきに使用するのが基本です。

 

貼付オピオイド麻薬

 

 

合成麻薬、オピオイド

  • 塩酸ペチジン[オピスタン]
  • 塩酸ブプレノルフィン[レペタン]
  • ペンタゾシン[ペンタジン]

合成麻薬の作用はモルヒネに劣りますが、副作用も少なくてすみます。
オピオイドとは麻薬と似た特徴を持っている薬を指します。

 

 

解熱鎮痛薬一覧表記事一覧

ボルタレン[ジクロフェナク]作用機序・特徴

ボルタレン[ジクロフェナク]は、関節リウマチや腰痛、変形性関節症、発熱時などの症状改善に使用される治療薬です。痛みのもとをとるわけではないので、対症療法として使用します。そのため、長期的に使用することは避けなければなりません。痛みや発熱、炎症の原因痛みや発熱、炎症は身体の一部が何らかの損傷を受けたと...

≫続きを読む

ポンタール[メフェナム酸]作用機序・特徴

ポンタール[メフェナム酸]は、関節痛や生理痛、頭痛、発熱時などの症状改善に使用される治療薬です。痛みのもとをとるわけではないので、対症療法として使用します。そのため、長期的に使用することは避けなければなりません。痛みや発熱、炎症の原因痛みや発熱、炎症は身体の一部が何らかの損傷を受けたときに発生します...

≫続きを読む

インテバンSP[徐放インドメタシン]作用機序・特徴

インテバンSP[徐放インドメタシン]は、関節痛や生理痛、頭痛、発熱時などの症状改善に使用される治療薬です。痛みのもとをとるわけではないので、対症療法として使用します。そのため、長期的に使用することは避けなければなりません。痛みや発熱、炎症の原因痛みや発熱、炎症は身体の一部が何らかの損傷を受けたときに...

≫続きを読む

ボルタレンSR、ナボールSR[徐放ジクロフェナク]作用機序・特徴

ボルタレンSR、ナボールSR[徐放ジクロフェナク]は、関節痛や生理痛、頭痛、発熱時などの症状改善に使用される治療薬です。痛みのもとをとるわけではないので、対症療法として使用します。そのため、長期的に使用することは避けなければなりません。痛みや発熱、炎症の原因痛みや発熱、炎症は身体の一部が何らかの損傷...

≫続きを読む

インフリーS[インドメタシンファルネシル]作用機序・特徴

インフリーS[インドメタシンファルネシル]は、関節痛や生理痛、頭痛、発熱時などの症状改善に使用される治療薬です。痛みのもとをとるわけではないので、対症療法として使用します。そのため、長期的に使用することは可能な限り避けなければなりません。痛みや発熱、炎症の原因痛みや発熱、炎症は身体の一部が何らかの損...

≫続きを読む

バファリン[アスピリン/ダイアルミネート]作用機序・特徴:解熱鎮痛薬

バファリン[アスピリン/ダイアルミネート]は、関節痛や生理痛、頭痛、発熱時などの症状改善に使用される治療薬です。痛みのもとをとるわけではないので、対症療法として使用します。そのため、長期的に使用することは可能な限り避けなければなりません。痛みや発熱、炎症の原因痛みや発熱、炎症は身体の一部が何らかの損...

≫続きを読む

ブルフェン[イブプロフェン]作用機序・特徴

ブルフェン[イブプロフェン]は、関節痛や生理痛、頭痛、発熱時などの症状改善に使用される治療薬です。痛みのもとをとるわけではないので、対症療法として使用します。そのため、長期的に使用することは可能な限り避けなければなりません。痛みや発熱、炎症の原因痛みや発熱、炎症は身体の一部が何らかの損傷を受けたとき...

≫続きを読む

ロキソニン[ロキソプロフェン]作用機序・特徴

ロキソニン[ロキソプロフェン]は、関節痛や生理痛、頭痛、発熱時などの症状改善に使用される治療薬です。痛みのもとをとるわけではないので、対症療法として使用します。そのため、長期的に使用することは可能な限り避けなければなりません。痛みや発熱、炎症の原因痛みや発熱、炎症は身体の一部が何らかの損傷を受けたと...

≫続きを読む

ニフラン[プラノプロフェン]作用機序・特徴

ニフラン、ルポック[プラノプロフェン]は、関節痛や生理痛、頭痛、発熱時などの症状改善に使用される治療薬です。痛みのもとをとるわけではないので、対症療法として使用します。そのため、長期的に使用することは可能な限り避けなければなりません。痛みや発熱、炎症の原因痛みや発熱、炎症は身体の一部が何らかの損傷を...

≫続きを読む

ロルカム[ロルノキシカム]作用機序・特徴

ロルカム[ロルノキシカム]は、関節痛や生理痛、頭痛、発熱時などの症状改善に使用される治療薬です。痛みのもとをとるわけではないので、対症療法として使用します。そのため、長期的に使用することは可能な限り避けなければなりません。痛みや発熱、炎症の原因痛みや発熱、炎症は身体の一部が何らかの損傷を受けたときに...

≫続きを読む

ペオン[ザルトプロフェン]作用機序・特徴

ペオン[ザルトプロフェン]は、関節痛や生理痛、頭痛、発熱時などの症状改善に使用される治療薬です。痛みのもとをとるわけではないので、対症療法として使用します。そのため、長期的に使用することは可能な限り避けなければなりません。痛みや発熱、炎症の原因痛みや発熱、炎症は身体の一部が何らかの損傷を受けたときに...

≫続きを読む

ハイペン[エトドラク]作用機序・特徴

ハイペン[エトドラク]は、関節痛や生理痛、頭痛、発熱時などの症状改善に使用される治療薬です。痛みのもとをとるわけではないので、対症療法として使用します。そのため、長期的に使用することは可能な限り避けなければなりません。痛みや発熱、炎症の原因痛みや発熱、炎症は身体の一部が何らかの損傷を受けたときに発生...

≫続きを読む

モービック[メロキシカム]作用機序・特徴

モービック[メロキシカム]は、関節痛や生理痛、頭痛、発熱時などの症状改善に使用される治療薬です。痛みのもとをとるわけではないので、対症療法として使用します。そのため、長期的に使用することは可能な限り避けなければなりません。痛みや発熱、炎症の原因痛みや発熱、炎症は身体の一部が何らかの損傷を受けたときに...

≫続きを読む

セレコックス[セレコキシブ]作用機序・特徴

セレコックス[セレコキシブ]は、関節痛や生理痛、頭痛、発熱時などの症状改善に使用される治療薬です。痛みのもとをとるわけではないので、対症療法として使用します。そのため、長期的に使用することは可能な限り避けなければなりません。痛みや発熱、炎症の原因痛みや発熱、炎症は身体の一部が何らかの損傷を受けたとき...

≫続きを読む

ソランタール[チアラミド]作用機序・特徴

ソランタール[チアラミド]は、関節痛や生理痛、頭痛、発熱時などの症状改善に使用される治療薬です。痛みのもとをとるわけではないので、対症療法として使用します。そのため、長期的に使用することは可能な限り避けなければなりません。痛みや発熱、炎症の原因痛みや発熱、炎症は身体の一部が何らかの損傷を受けたときに...

≫続きを読む

ボルタレンサポ[ジクロフェナク]作用機序・特徴

ボルタレンサポ[ジクロフェナク]は、関節痛や生理痛、頭痛、発熱時などの症状改善に使用される治療薬です。痛みのもとをとるわけではないので、対症療法として使用します。また、他の解熱鎮痛薬で効果がない場合や投与できない場合に使用します。痛みや発熱、炎症の原因痛みや発熱、炎症は身体の一部が何らかの損傷を受け...

≫続きを読む

インテバン坐剤[インドメタシン]作用機序・特徴

インテバン坐剤[インドメタシン]は、関節痛や生理痛、頭痛、発熱時などの症状改善に使用される治療薬です。痛みのもとをとるわけではないので、対症療法として使用します。そのため、長期的に使用することは避けなければなりません。痛みや発熱、炎症の原因痛みや発熱、炎症は身体の一部が何らかの損傷を受けたときに発生...

≫続きを読む

インテバン外用液、クリーム、軟膏[インドメタシン]作用機序・特徴

インテバン外用液、クリーム、軟膏[インドメタシン]は、変形性関節症などの疾患から筋肉痛や外傷による腫れ・炎症の症状改善に使用される治療薬です。痛みのもとをとるわけではないので、対症療法として使用します。そのため、長期的に使用することは避けなければなりません。痛みや発熱、炎症の原因痛みや発熱、炎症は身...

≫続きを読む

エパテックゲル、クリーム、ローション[ケトプロフェン]作用機序・特徴

エパテックゲル、クリーム、ローション[ケトプロフェン]は、変形性関節症などの疾患から筋肉痛や外傷による腫れ・炎症の症状改善に使用される治療薬です。痛みのもとをとるわけではないので、対症療法として使用します。そのため、長期的に使用することは避けなければなりません。痛みや発熱、炎症の原因痛みや発熱、炎症...

≫続きを読む

スチックゼノールA[サリチル酸メチル]作用機序・特徴

スチックゼノールA[サリチル酸メチル]は、筋肉痛や打撲、捻挫、外傷による腫れ・炎症など軽度な場合の症状改善に使用される治療薬です。痛みのもとをとるわけではないので、対症療法として使用します。そのため、長期的に使用することは避けなければなりません。痛みや発熱、炎症の原因痛みや発熱、炎症は身体の一部が何...

≫続きを読む

ナパゲルン軟膏、クリーム、ローション[フェルビナク]作用機序・特徴

ナパゲルン軟膏、クリーム、ローション[フェルビナク]は、変形性関節症などの疾患から筋肉痛や外傷による腫れ・炎症の症状改善に使用される治療薬です。痛みのもとをとるわけではないので、対症療法として使用します。そのため、長期的に使用することは避けなければなりません。痛みや発熱、炎症の原因痛みや発熱、炎症は...

≫続きを読む

スミルスチック[フェルビナク]作用機序・特徴

スミルスチック[フェルビナク]は、筋肉痛や打撲、テニス肘、捻挫、外傷による腫れ・炎症など軽度な場合の症状改善に使用される治療薬です。痛みのもとをとるわけではないので、対症療法として使用します。そのため、長期的に使用することは避けなければなりません。痛みや発熱、炎症の原因痛みや発熱、炎症は身体の一部が...

≫続きを読む

ロキソニンゲル[ロキソプロフェン]作用機序・特徴

ロキソニンゲル[ロキソプロフェン]は、変形性関節症などの疾患から筋肉痛や外傷による腫れ・炎症の症状改善に使用される治療薬です。痛みのもとをとるわけではないので、対症療法として使用します。そのため、長期的に使用することは避けなければなりません。痛みや発熱、炎症の原因痛みや発熱、炎症は身体の一部が何らか...

≫続きを読む

ボルタレンゲル、ローション[ジクロフェナク]作用機序・特徴

ボルタレンゲル、ローション[ジクロフェナク]は、変形性関節症などの疾患から筋肉痛や外傷による腫れ・炎症の症状改善に使用される治療薬です。痛みのもとをとるわけではないので、対症療法として使用します。そのため、長期的に使用することは避けなければなりません。痛みや発熱、炎症の原因痛みや発熱、炎症は身体の一...

≫続きを読む

カトレップテープ[インドメタシン]作用機序、特徴、副作用

カトレップテープ[インドメタシン]は、変形性関節症などにおける鎮痛・消炎に使用される薬です。リウマチに対しては適応が取れていません。変形性関節症とは、加齢に伴い膝や肩・肘などの関節がすり減ることにより炎症・痛みを生じる疾患です。カトレップテープは、痛みのもとをとるわけではないので、対症療法として使用...

≫続きを読む

セルタッチパップ[フェルビナク]作用機序、特徴、副作用

セルタッチパップ[フェルビナク]は、変形性関節症などにおける鎮痛・消炎に使用される薬です。リウマチに対しては適応が取れていません。変形性関節症とは、加齢に伴い膝や肩・肘などの関節がすり減ることにより炎症・痛みを生じる疾患です。セルタッチパップは、痛みのもとをとるわけではないので、対症療法として使用し...

≫続きを読む

ロキソニンパップ[ロキソプロフェン]作用機序、特徴、副作用

ロキソニンパップ[ロキソプロフェンNa]は、変形性関節症などにおける鎮痛・消炎に使用される薬です。リウマチに対しては適応が取れていません。変形性関節症とは、加齢に伴い膝や肩・肘などの関節がすり減ることにより炎症・痛みを生じる疾患です。ロキソニンパップは、痛みのもとをとるわけではないので、対症療法とし...

≫続きを読む

ロキソニンテープ[ロキソプロフェン]作用機序、特徴、副作用

ロキソニンテープ[ロキソプロフェンNa]は、変形性関節症などにおける鎮痛・消炎に使用される薬です。リウマチに対しては適応が取れていません。変形性関節症とは、加齢に伴い膝や肩・肘などの関節がすり減ることにより炎症・痛みを生じる疾患です。ロキソニンテープは、痛みのもとをとるわけではないので、対症療法とし...

≫続きを読む

ボルタレンテープ[ジクロフェナク]作用機序、特徴、副作用

ボルタレンテープ[ジクロフェナク]は、変形性関節症などにおける鎮痛・消炎に使用される薬です。リウマチに対しては適応が取れていません。変形性関節症とは、加齢に伴い膝や肩・肘などの関節がすり減ることにより炎症・痛みを生じる疾患です。ボルタレンテープは、痛みのもとをとるわけではないので、対症療法として使用...

≫続きを読む

モーラスパップ、ミルタックスパップの作用機序、特徴、副作用

モーラスパップ、ミルタックスパップ[ケトプロフェン]は、変形性関節症などにおける鎮痛・消炎に使用される薬です。リウマチに対しては適応が取れていません。変形性関節症とは、加齢に伴い膝や肩・肘などの関節がすり減ることにより炎症・痛みを生じる疾患です。モーラスパップ、ミルタックスパップは、痛みのもとをとる...

≫続きを読む

モーラスパップXR[ケトプロフェン]作用機序、特徴、副作用

モーラスパップXR[ケトプロフェン]は、腰痛や変形性関節症、リウマチなどにおける鎮痛・消炎に使用される薬です。変形性関節症とは、加齢に伴い膝や肩・肘などの関節がすり減ることにより炎症・痛みを生じる疾患です。モーラスパップXRは、痛みのもとをとるわけではないので、対症療法として使用します。そのため、長...

≫続きを読む

モーラステープ[ケトプロフェン]作用機序、特徴、副作用

モーラステープ[ケトプロフェン]は、変形性関節症などにおける鎮痛・消炎に使用される薬です。変形性関節症とは、加齢に伴い膝や肩・肘などの関節がすり減ることにより炎症・痛みを生じる疾患です。モーラステープは、痛みのもとをとるわけではないので、対症療法として使用します。そのため、長期的に使用する際は副作用...

≫続きを読む

ロコアテープ[エスフルルビプロフェン]作用機序、特徴、副作用

ロコアテープ[エスフルルビプロフェン]は、変形性関節症における鎮痛・消炎に使用される薬です。変形性関節症とは、加齢に伴い膝や肩・肘などの関節がすり減ることにより炎症・痛みを生じる疾患です。ロコアテープは、痛みのもとをとるわけではないので、対症療法として使用します。そのため、長期的に使用する際は腎機能...

≫続きを読む

カロナール、アンヒバ、アルピニー[アセトアミノフェン]作用機序・特徴

カロナール、アンヒバ、アルピニー[アセトアミノフェン]は、主にかぜを引いた時の解熱に使用され、また、がん性疼痛や腰痛、筋肉痛、打撲痛などの改善にも使用される治療薬です。熱や痛みのもとをとるわけではないので、対症療法として使用します。そのため、長期的に使用することは避けなければなりません。痛みや発熱、...

≫続きを読む

トラマール[トラマドール]作用機序、特徴、副作用

トラマール[トラマドール]は、がん性疼痛、関節リウマチや腰痛、変形性関節症などの慢性疼痛改善に使用される治療薬です。痛みのもとをとるわけではないので、対症療法として使用します。そのため、長期的に使用することは避けなければなりません。痛みや発熱、炎症の原因痛みや発熱、炎症は身体の一部が何らかの損傷を受...

≫続きを読む

タペンタ[タペンタドール]作用機序、特徴、副作用

タペンタ[タペンタドール]は、非オピオイド鎮痛剤で治療困難な場合のがん性疼痛に使用される治療薬です。痛みのもとをとるわけではないので、対症療法として使用します。痛みや発熱、炎症の原因痛みや発熱、炎症は身体の一部が何らかの損傷を受けたときに発生します。神経の刺激・損傷によって頭痛が起こり、感染症ではウ...

≫続きを読む

ワントラム[徐放トラマドール]作用機序、特徴、副作用

ワントラム[徐放トラマドール]は、がん性疼痛、関節リウマチや腰痛、変形性関節症などの慢性疼痛改善に使用される治療薬です。痛みのもとをとるわけではないので、対症療法として使用します。そのため、長期的に使用することは避けなければなりません。痛みや発熱、炎症の原因痛みや発熱、炎症は身体の一部が何らかの損傷...

≫続きを読む

トラムセット[トラマドール/アセトアミノフェン]作用機序・特徴

トラムセット[トラマドール/アセトアミノフェン]は、がん性疼痛、関節リウマチや腰痛、変形性関節症などの慢性疼痛改善に使用される治療薬です。痛みのもとをとるわけではないので、対症療法として使用します。そのため、長期的に使用することは避けなければなりません。痛みや発熱、炎症の原因痛みや発熱、炎症は身体の...

≫続きを読む

アンペック坐剤[モルヒネ塩酸塩]作用機序、特徴、副作用

アンペック坐剤[モルヒネ塩酸塩]は、がん性疼痛に使用される治療薬です。NSAIDsやカロナールなどの鎮痛薬で効果が不十分な方に使用されます。がん性疼痛の治療方法がん、またはがんの治療において痛みは肉体的・精神的にもつらいものになります。がん患者に生じる痛みは次の3つに分類分けされます。がんによる痛み...

≫続きを読む

オキシコンチン[徐放オキシコドン]作用機序、特徴、副作用

オキシコンチン[徐放オキシコドン]は、がん性疼痛に使用される治療薬です。NSAIDsやカロナールなどの鎮痛薬で効果が不十分な方に使用されます。がん性疼痛の治療方法がん、またはがんの治療において痛みは肉体的・精神的にもつらいものになります。がん患者に生じる痛みは次の3つに分類分けされます。がんによる痛...

≫続きを読む

オキノーム散[オキシコドン]作用機序、特徴、副作用

オキノーム散[オキシコドン]は、がん性疼痛に使用される治療薬です。オキシコンチンを毎日服用しても現れる突出痛に対して使用されます。がん性疼痛の治療方法がん、またはがんの治療において痛みは肉体的・精神的にもつらいものになります。がん患者に生じる痛みは次の3つに分類分けされます。がんによる痛み:腫瘍によ...

≫続きを読む

MSコンチン[徐放モルヒネ硫酸塩]作用機序、特徴、副作用

MSコンチン[徐放モルヒネ硫酸塩]は、がん性疼痛に使用される治療薬です。NSAIDsやカロナールなどの鎮痛薬で効果が不十分な方に使用されます。がん性疼痛の治療方法がん、またはがんの治療において痛みは肉体的・精神的にもつらいものになります。がん患者に生じる痛みは次の3つに分類分けされます。がんによる痛...

≫続きを読む

デュロテップMTパッチ[フェンタニル]作用機序、特徴、副作用

デュロテップMTパッチ[フェンタニル72時間]は、がん性疼痛に使用される治療薬です。NSAIDsやカロナールなどの鎮痛薬で効果が不十分な方に使用されます。がん性疼痛の治療方法がん、またはがんの治療において痛みは肉体的・精神的にもつらいものになります。がん患者に生じる痛みは次の3つに分類分けされます。...

≫続きを読む

ワンデュロパッチ[フェンタニル]作用機序、特徴、副作用

ワンデュロパッチ[フェンタニル24時間]は、がん性疼痛に使用される治療薬です。NSAIDsやカロナールなどの鎮痛薬で効果が不十分な方に使用されます。がん性疼痛の治療方法がん、またはがんの治療において痛みは肉体的・精神的にもつらいものになります。がん患者に生じる痛みは次の3つに分類分けされます。がんに...

≫続きを読む

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ


Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ


TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職