認知症の薬一覧表

認知症の薬

認知症の薬一覧表記事一覧

アリセプト[ドネペジル]作用機序、特徴、副作用

アリセプト[ドネペジル]は認知症で使用される治療薬です。認知症というのは、もの忘れと混同しがちですが単なる記憶障害とは異なります。認知症患者は、記憶障害および、記憶以外の失語、失行、失認、遂行機能障害のいずれかを伴います。さらに、認知症で問題になるのは、認知症に伴う行動異常と心理症状です。この行動異...

≫続きを読む

レミニール[ガランタミン]作用機序、特徴、副作用

レミニール[ガランタミン]は認知症の治療薬です。認知症というのは、もの忘れと混同しがちですが単なる記憶障害とは異なります。認知症患者は、記憶障害および、記憶以外の失語、失行、失認、遂行機能障害のいずれかを伴います。さらに、認知症で問題になるのは、認知症に伴う行動異常と心理症状です。この行動異常と心理...

≫続きを読む

リバスタッチ、イクセロン[リバスチグミン]作用機序、特徴、副作用

リバスタッチ、イクセロン[リバスチグミン]は認知症の治療薬です。認知症というのは、もの忘れと混同しがちですが単なる記憶障害とは異なります。認知症患者は、記憶障害および、記憶以外の失語、失行、失認、遂行機能障害のいずれかを伴います。さらに、認知症で問題になるのは、認知症に伴う行動異常と心理症状です。こ...

≫続きを読む

メマリー[メマンチン]作用機序、特徴、副作用

メマリー[メマンチン]は認知症の治療薬です。認知症というのは、もの忘れと混同しがちですが単なる記憶障害とは異なります。認知症患者は、記憶障害および、記憶以外の失語、失行、失認、遂行機能障害のいずれかを伴います。さらに、認知症で問題になるのは、認知症に伴う行動異常と心理症状です。この行動異常と心理症状...

≫続きを読む

認知症治療薬の比較・一覧表[作用機序、代謝経路、副作用]

アリセプトレミニールリバスタッチイクセロンメマリー一般名ドネペジルガランタミンリバスチグミンメマンチン作用機序AchE阻害薬AchE阻害薬APL作用AchE阻害薬BuchE阻害薬NMDA受容体拮抗薬半減期70-80時間8-9時間2-3時間55-71時間代謝経路肝代謝肝代謝腎排泄腎排泄代表的な副作用下...

≫続きを読む

認知症治療薬の副作用:易怒、徐脈、不眠、かぶれ、めまい

アリセプト[ドネペジル]の主な副作用としては、食欲減退[2.45%]、悪心[2.35%]、嘔気、嘔吐[1.25%]、下痢[1.18%]、激越[0.61%]、不眠[0.54%]などが挙げられます。食欲低下や悪心・嘔吐が副作用として現れた場合、ナウゼリン[ドンペリドン]やタケプロン[ランソプラゾール]な...

≫続きを読む

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ


Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ


TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職