メマリー[メマンチン]作用機序、特徴、副作用

2017年12月4日

認知症イラスト

スポンサーリンク

メマリー[メマンチン]:認知症治療薬

メマリー[メマンチン]は認知症の治療薬です。
認知症というのは、もの忘れと混同しがちですが単なる記憶障害とは異なります。

認知症症状

認知症患者は、記憶障害および、記憶以外の失語、失行、失認、遂行機能障害のいずれかを伴います。

さらに、認知症で問題になるのは、認知症に伴う行動異常と心理症状です。

この行動異常と心理症状を合わせてBPSD[behavioral and psychological symptoms of dementia]と言います。

BPSDの主な症状は、以下の通りです。

行動異常攻撃性、不穏、焦燥性興奮、収集癖などです。
心理症状不安、うつ症状、幻覚、妄想などです。

BPSD(行動異常と心理症状)は、認知症患者の約80%で見られる症状です。

介護施設や老人施設では、これらBPSDの症状で苦しんでいるのが現状です。

これらBPSDを抑制、改善するために、認知症薬が使用されます。

メマリー[メマンチン]の作用機序

認知症の中で最も多いのが、アルツハイマー型認知症です。

アルツハイマー型認知症に次いで多いのが、レビー小体型認知症です。

そのため、認知症の治療薬は、アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症をターゲットにしています。

認知症分類

アルツハイマー型認知症の原因は不明とされていますが、脳の画像検査や、脳の解剖結果からいくつかの特徴を見出しました。

その特徴のひとつが、脳内の神経伝達物質であるグルタミンの受容体[NMDA受容体]の過剰な活性化です。

このNMDA受容体が過剰に働きすぎていることで、情報伝達がうまくいかず、神経細胞が傷ついてしまうのです。

これを認知症のグルタミン酸仮説といいます。

そこで、このNMDA受容体の活性を抑制する薬が誕生しました。

これまでにないアルツハイマー型認知症の治療薬として誕生した薬がメマリーです。

メマリーは、グルタミン酸の結合するNMDA受容体をブロックすることで、神経伝達物質であるグルタミン酸の働きを抑える薬です。

メマリー作用機序

やっくん

やっくん

メマリー[メマンチン]は、NMDA受容体を阻害することで、脳内で過剰に活動しているグルタミン酸を増やし、アルツハイマー型認知症の進行を抑制します。

メマリー[メマンチン]の特徴:コリンエステラーゼ阻害薬との違い

メマリーのようなNMDA受容体拮抗薬は、陰性症状を強める働きがあります。

そのため、認知症患者の中でも興奮や怒りっぽいタイプに向いています。
アリセプトレミニールリバスタッチ/イクセロンなどのコリンエステラーゼ阻害薬は、陽性症状を強める働きがあります。

そのため、認知症患者の中でもおとなしいタイプに向いています。

アリセプトやレミニールなどのコリンエステラーゼ阻害薬を服用することで、イライラが強くなったり怒りっぽくなったりすることがあります。

そういった場合に、コリンエステラーゼ阻害薬を中止してメマリーを服用するケースが現場ではよくあります。

メマリー[メマンチン]の副作用

メマリー[メマンチン]は、中等度及び高度アルツハイマー型痴呆(認知症)の進行抑制の治療薬として、2011年に承認された薬です。

主な副作用としては、めまい[4.7%]、便秘[3.1%]、体重減少[2.2%]、頭痛[2.1%]などが挙げられます。

このような副作用は2-3ヶ月程度で無くなりますが、それまでは服用時点を夜にする・腎機能低下時には維持量を10mgとするなどして対処します。

メマリー[メマンチン]の禁忌

  • 特になし

スポンサーリンク

人気のページ

薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました

薬剤師薬学生LINEスタンプ

Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)