関節リウマチの薬一覧表

関節リウマチの薬

免疫抑制剤

リウマチ性疾患治療薬

関節リウマチの薬一覧表記事一覧

シオゾール注[金チオリンゴ酸ナトリウム]作用機序、特徴、副作用

関節リウマチ,薬,シオゾール注,金チオリンゴ酸ナトリウム,副作用,作用機序,特徴,禁忌 シオゾール注[金チオリンゴ酸ナトリウム]は、関節リウマチに使用される治療薬です。関節リウマチとは、身体の免疫反応が異常を起こすことで、自分自身の細胞を攻撃してしまう疾患です。これを自己免疫疾患と言います。なぜ免疫反応が異常を起こすかは、はっきりとはわかっていません。関節リウマチの患者の多くは、血液検...

≫続きを読む

リドーラ[オーラノフィン]作用機序、特徴、副作用

関節リウマチ,薬,リドーラ,オーラノフィン,副作用,作用機序,特徴,禁忌 リドーラ[オーラノフィン]は、関節リウマチに使用される治療薬です。関節リウマチとは、身体の免疫反応が異常を起こすことで、自分自身の細胞を攻撃してしまう疾患です。これを自己免疫疾患と言います。なぜ免疫反応が異常を起こすかは、はっきりとはわかっていません。関節リウマチの患者の多くは、血液検査においてリウ...

≫続きを読む

リマチル[ブシラミン]作用機序、特徴、副作用

関節リウマチ,薬,リマチル,ブシラミン,副作用,作用機序,特徴,禁忌 リマチル[ブシラミン]は、関節リウマチに使用される治療薬です。関節リウマチとは、身体の免疫反応が異常を起こすことで、自分自身の細胞を攻撃してしまう疾患です。これを自己免疫疾患と言います。なぜ免疫反応が異常を起こすかは、はっきりとはわかっていません。関節リウマチの患者の多くは、血液検査においてリウマト...

≫続きを読む

メタルカプターゼ[D-ペニシラミン]作用機序、特徴、副作用

関節リウマチ,薬,メタルカプターゼ,D-ペニシラミン,副作用,作用機序,特徴,禁忌 メタルカプターゼ[D-ペニシラミン]は、関節リウマチに使用される治療薬です。関節リウマチとは、身体の免疫反応が異常を起こすことで、自分自身の細胞を攻撃してしまう疾患です。これを自己免疫疾患と言います。なぜ免疫反応が異常を起こすかは、はっきりとはわかっていません。関節リウマチの患者の多くは、血液検査に...

≫続きを読む

アザルフィジンEN[サラゾスルファピリジン]作用機序、特徴、副作用

関節リウマチ,薬,アザルフィジンEN,サラゾスルファピリジン,副作用,作用機序,特徴,禁忌 アザルフィジンEN、サラゾピリン[サラゾスルファピリジン]は、関節リウマチに使用される治療薬です。関節リウマチとは、身体の免疫反応が異常を起こすことで、自分自身の細胞を攻撃してしまう疾患です。これを自己免疫疾患と言います。なぜ免疫反応が異常を起こすかは、はっきりとはわかっていません。関節リウマチの患...

≫続きを読む

リウマトレックス[メトトレキサート]作用機序、特徴、副作用

関節リウマチ,薬,リウマトレックス,メトトレキサート,副作用,作用機序,特徴,禁忌 リウマトレックス[メトトレキサート]は、関節リウマチに使用される治療薬です。関節リウマチとは、身体の免疫反応が異常を起こすことで、自分自身の細胞を攻撃してしまう疾患です。これを自己免疫疾患と言います。なぜ免疫反応が異常を起こすかは、はっきりとはわかっていません。関節リウマチの患者の多くは、血液検査に...

≫続きを読む

モーバー、オークル[アクタリット]作用機序、特徴、副作用

関節リウマチ,薬,モーバー,オークル,アクタリット,副作用,作用機序,特徴,禁忌 モーバー、オークル[アクタリット]は、関節リウマチに使用される治療薬です。関節リウマチとは、身体の免疫反応が異常を起こすことで、自分自身の細胞を攻撃してしまう疾患です。これを自己免疫疾患と言います。なぜ免疫反応が異常を起こすかは、はっきりとはわかっていません。関節リウマチの患者の多くは、血液検査にお...

≫続きを読む

カルフェニール[ロベンザリット]作用機序、特徴、副作用

関節リウマチ,薬,カルフェニール,ロベンザリット,副作用,作用機序,特徴,禁忌 カルフェニール[ロベンザリット]は、関節リウマチに使用される治療薬です。関節リウマチとは、身体の免疫反応が異常を起こすことで、自分自身の細胞を攻撃してしまう疾患です。これを自己免疫疾患と言います。なぜ免疫反応が異常を起こすかは、はっきりとはわかっていません。関節リウマチの患者の多くは、血液検査におい...

≫続きを読む

アラバ[レフルノミド]作用機序、特徴、副作用

関節リウマチ,薬,アラバ,レフルノミド,副作用,作用機序,特徴,禁忌 アラバ[レフルノミド]は、関節リウマチに使用される治療薬です。関節リウマチとは、身体の免疫反応が異常を起こすことで、自分自身の細胞を攻撃してしまう疾患です。これを自己免疫疾患と言います。なぜ免疫反応が異常を起こすかは、はっきりとはわかっていません。関節リウマチの患者の多くは、血液検査においてリウマト...

≫続きを読む

レミケード注[インフリキシマブ]作用機序、特徴、副作用

関節リウマチ,薬,レミケード注,インフリキシマブ,副作用,作用機序,特徴,禁忌 レミケード注[インフリキシマブ]は、関節リウマチに使用される治療薬です。関節リウマチとは、身体の免疫反応が異常を起こすことで、自分自身の細胞を攻撃してしまう疾患です。これを自己免疫疾患と言います。なぜ免疫反応が異常を起こすかは、はっきりとはわかっていません。関節リウマチの患者の多くは、血液検査におい...

≫続きを読む

ヒュミラ注[アダリムマブ]作用機序、特徴、副作用

関節リウマチ,薬,ヒュミラ注,アダリムマブ,副作用,作用機序,特徴,禁忌 ヒュミラ注[アダリムマブ]は、関節リウマチに使用される治療薬です。関節リウマチとは、身体の免疫反応が異常を起こすことで、自分自身の細胞を攻撃してしまう疾患です。これを自己免疫疾患と言います。なぜ免疫反応が異常を起こすかは、はっきりとはわかっていません。関節リウマチの患者の多くは、血液検査においてリウ...

≫続きを読む

エンブレル注[エタネルセプト]作用機序、特徴、副作用

関節リウマチ,薬,エンブレル注,エタネルセプト,副作用,作用機序,特徴,禁忌 エンブレル注[エタネルセプト]は、関節リウマチに使用される治療薬です。関節リウマチとは、身体の免疫反応が異常を起こすことで、自分自身の細胞を攻撃してしまう疾患です。これを自己免疫疾患と言います。なぜ免疫反応が異常を起こすかは、はっきりとはわかっていません。関節リウマチの患者の多くは、血液検査において...

≫続きを読む

シンポニー注[ゴリムマブ]作用機序、特徴、副作用

関節リウマチ,薬,シンポニー注,ゴリムマブ,副作用,作用機序,特徴,禁忌 シンポニー注[ゴリムマブ]は、関節リウマチに使用される治療薬です。関節リウマチとは、身体の免疫反応が異常を起こすことで、自分自身の細胞を攻撃してしまう疾患です。これを自己免疫疾患と言います。なぜ免疫反応が異常を起こすかは、はっきりとはわかっていません。関節リウマチの患者の多くは、血液検査においてリウ...

≫続きを読む

シムジア注[セルトリズマブ]作用機序、特徴、副作用

関節リウマチ,薬,シムジア注,セルトリズマブ,副作用,作用機序,特徴,禁忌 シムジア注[セルトリズマブ]は、関節リウマチに使用される治療薬です。関節リウマチとは、身体の免疫反応が異常を起こすことで、自分自身の細胞を攻撃してしまう疾患です。これを自己免疫疾患と言います。なぜ免疫反応が異常を起こすかは、はっきりとはわかっていません。関節リウマチの患者の多くは、血液検査においてリ...

≫続きを読む

アクテムラ注[トシリズマブ]作用機序、特徴、副作用

関節リウマチ,薬,アクテムラ注,トシリズマブ,副作用,作用機序,特徴,禁忌 アクテムラ注[トシリズマブ]は、関節リウマチに使用される治療薬です。関節リウマチとは、身体の免疫反応が異常を起こすことで、自分自身の細胞を攻撃してしまう疾患です。これを自己免疫疾患と言います。なぜ免疫反応が異常を起こすかは、はっきりとはわかっていません。関節リウマチの患者の多くは、血液検査においてリ...

≫続きを読む

オレンシア注[アバタセプト]作用機序、特徴、副作用

関節リウマチ,薬,オレンシア注,アバタセプト,副作用,作用機序,特徴,禁忌 オレンシア注[アバタセプト]は、関節リウマチに使用される治療薬です。関節リウマチとは、身体の免疫反応が異常を起こすことで、自分自身の細胞を攻撃してしまう疾患です。これを自己免疫疾患と言います。なぜ免疫反応が異常を起こすかは、はっきりとはわかっていません。関節リウマチの患者の多くは、血液検査においてリ...

≫続きを読む

ゼルヤンツ[トファシチニブ]作用機序、特徴、副作用

関節リウマチ,薬,ゼルヤンツ,トファシチニブ,副作用,作用機序,特徴,禁忌 ゼルヤンツ[トファシチニブ]は、関節リウマチに使用される治療薬です。関節リウマチとは、身体の免疫反応が異常を起こすことで、自分自身の細胞を攻撃してしまう疾患です。これを自己免疫疾患と言います。なぜ免疫反応が異常を起こすかは、はっきりとはわかっていません。関節リウマチの患者の多くは、血液検査においてリ...

≫続きを読む

イムラン、アザニン[アザチオプリン]作用機序、特徴、副作用

関節リウマチ,薬,イムラン,アザニン,アザチオプリン,副作用,作用機序,特徴,禁忌 イムラン、アザニン[アザチオプリン]は、関節リウマチに使用される治療薬です。関節リウマチとは、身体の免疫反応が異常を起こすことで、自分自身の細胞を攻撃してしまう疾患です。これを自己免疫疾患と言います。なぜ免疫反応が異常を起こすかは、はっきりとはわかっていません。関節リウマチの患者の多くは、血液検査に...

≫続きを読む

エンドキサン[シクロホスファミド]作用機序、特徴、副作用

関節リウマチ,薬,エンドキサン,シクロホスファミド,副作用,作用機序,特徴,禁忌 エンドキサン[シクロホスファミド]は、関節リウマチに使用される治療薬です。関節リウマチとは、身体の免疫反応が異常を起こすことで、自分自身の細胞を攻撃してしまう疾患です。これを自己免疫疾患と言います。なぜ免疫反応が異常を起こすかは、はっきりとはわかっていません。関節リウマチの患者の多くは、血液検査にお...

≫続きを読む

ブレディニン[ミゾリビン]作用機序、特徴、副作用

関節リウマチ,薬,ブレディニン,ミゾリビン,副作用,作用機序,特徴,禁忌 ブレディニン[ミゾリビン]は、関節リウマチに使用される治療薬です。関節リウマチとは、身体の免疫反応が異常を起こすことで、自分自身の細胞を攻撃してしまう疾患です。これを自己免疫疾患と言います。なぜ免疫反応が異常を起こすかは、はっきりとはわかっていません。関節リウマチの患者の多くは、血液検査においてリウ...

≫続きを読む

プログラフ[タクロリムス]作用機序、特徴、副作用

関節リウマチ,薬,プログラフ,タクロリムス,副作用,作用機序,特徴,禁忌 プログラフ[タクロリムス]は、関節リウマチに使用される治療薬です。関節リウマチとは、身体の免疫反応が異常を起こすことで、自分自身の細胞を攻撃してしまう疾患です。これを自己免疫疾患と言います。なぜ免疫反応が異常を起こすかは、はっきりとはわかっていません。関節リウマチの患者の多くは、血液検査においてリウ...

≫続きを読む

ネオーラル[シクロスポリン]作用機序、特徴、副作用

関節リウマチ,薬,ネオーラル,シクロスポリン,副作用,作用機序,特徴,禁忌 ネオーラル[シクロスポリン]は、関節リウマチに使用される治療薬です。関節リウマチとは、身体の免疫反応が異常を起こすことで、自分自身の細胞を攻撃してしまう疾患です。これを自己免疫疾患と言います。なぜ免疫反応が異常を起こすかは、はっきりとはわかっていません。関節リウマチの患者の多くは、血液検査においてリ...

≫続きを読む

アルツ注[ヒアルロン酸ナトリウム]作用機序、特徴、副作用

関節リウマチ,薬,アルツ注,ヒアルロン酸ナトリウム,副作用,作用機序,特徴,禁忌 アルツ注[ヒアルロン酸ナトリウム]は、変形性膝関節症や関節リウマチに使用される治療薬です。関節リウマチとは、身体の免疫反応が異常を起こすことで、自分自身の細胞を攻撃してしまう疾患です。これを自己免疫疾患と言います。なぜ免疫反応が異常を起こすかは、はっきりとはわかっていません。関節リウマチの患者の多く...

≫続きを読む

サリグレン、エボザック[セビメリン]作用機序、特徴、副作用

関節リウマチ,薬,シェ―グレン症候群,サリグレン,エボザック,セビメリン,副作用,作用機序,特徴,禁忌 サリグレン、エボザック[セビメリン]は、シェーグレン症候群患者の口腔乾燥症状に使用される治療薬です。シェーグレン症候群は、関節リウマチ患者で多く約20%に発症することが知られています。関節リウマチとは?関節リウマチとは、身体の免疫反応が異常を起こすことで、自分自身の細胞を攻撃してしまう疾患です。これ...

≫続きを読む

フェルビテン[アネトールトリチオン]作用機序、特徴、副作用

関節リウマチ,シェ―グレン症候群,薬,フェルビテン,アネトールトリチオン,副作用,作用機序,特徴,禁忌 フェルビテン[アネトールトリチオン]は、シェーグレン症候群患者の口腔乾燥症状に使用される治療薬です。シェーグレン症候群は、関節リウマチ患者で多く約20%に発症することが知られています。関節リウマチとは?関節リウマチとは、身体の免疫反応が異常を起こすことで、自分自身の細胞を攻撃してしまう疾患です。これ...

≫続きを読む

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ



Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ


TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職