リドーラ[オーラノフィン]作用機序、特徴、副作用

このエントリーをはてなブックマークに追加   

リドーラ[オーラノフィン]:関節リウマチ治療薬

 

痛みいイラスト 

 

リドーラ[オーラノフィン]は、関節リウマチに使用される治療薬です。

 

関節リウマチとは、身体の免疫反応が異常を起こすことで、自分自身の細胞を攻撃してしまう疾患です。
これを自己免疫疾患と言います。

 

なぜ免疫反応が異常を起こすかは、はっきりとはわかっていません。
関節リウマチの患者の多くは、血液検査においてリウマトイド因子・抗CCP抗体・赤沈などの値が高いことが知られています。

 

関節リウマチの症状は、

◆朝のこわばり:

朝起きたときに、手足が固まって動きにくくなります。

 

リウマトイド結節

◆手や足の関節の腫れ:
特に小関節からはじまります。

 

◆皮下結節[リウマトイド結節]:
ひじやひざの関節に大きいこぶのようなものができます。

リドーラ[オーラノフィン]の作用機序、特徴

関節リウマチは、自己免疫疾患であり激しい痛みを伴う場合があります。
そのため、対症療法としてNSAIDsやステロイドが使用されます。

 

また、疾患そのものに対する治療薬として、抗体の産生抑制薬や免疫抑制薬が使用されます。

 

リドーラは、古くから使用されている金製剤の抗リウマチ薬です。

 

免疫反応は、以下の図のような流れで行われます。

 

免疫反応 

 

  1. 抗原提示細胞であるマクロファージや樹状細胞がヘルパーT細胞に情報を伝えます。
  2. ヘルパーT細胞はB細胞を活性化し、抗体を産生します。
  3. また、キラーT細胞の活性化により、直接細胞を攻撃します。

 

リドーラのはっきりとした作用機序はわかっていませんが、マクロファージや好中球・T細胞の成熟、機能を抑制する働きがあるとされています。

 

リドーラ作用機序 

 

やっくん

リドーラ[オーラノフィン]は、過剰な免疫反応を抑制することで、関節リウマチ症状を緩和します。

 

シオゾール注よりも効果は弱いため、軽度かつ早期のリウマチ患者に対して使用されます。

 

リドーラ[オーラノフィン]の副作用

リドーラ[オーラノフィン]は、関節リウマチの治療薬として、1986年に発売された薬です。

 

主な副作用としては、下痢[6.05%]、腹痛[1.82%]、口内炎[1.01%]等の消化器症状、発疹[2.97%]、そう痒[2.57%]等の皮膚症状、蛋白尿[0.90%]、貧血[0.88%]、BUN上昇[0.55%]、血清AST(GOT)上昇[0.46%]、血清ALT(GPT)上昇[0.41%]、顔面浮腫[0.34%]、白血球減少[0.12%]などが知られています。

 

リドーラ[オーラノフィン]の禁忌

  • 腎障害、肝障害、血液障害あるいは重篤な下痢、消化性潰瘍

    [悪化するおそれがあります。]

  • 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人
  • 金製剤による重篤な副作用
  • 小児
このエントリーをはてなブックマークに追加   

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ


Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ


TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職