リン[P]の基準値:高い、低い、薬の副作用

リン食品

体内に存在する85%のリン[P」は、カルシウムやマグネシウムと結合し、骨や歯の構成成分のひとつとなります。

残りの15%のリンは、DNAやRNAといった核酸や、ATP、各種酵素の原料となります。[○○リン酸や○○リン酸塩、○○ホスホ△△、○○ホスファターゼ]

リン適量必要理由

そのため、リンが不足すると骨密度の低下や、横紋筋融解症貧血などを起こします。

逆に、リンが過剰になると、カルシウムとの結合が促進し低カルシウム血症や、骨からのカルシウムを吸収することで骨密度の低下を引き起こします。

つまり、腎機能が低下することによってリンの排泄能が落ちると、低カルシウム血症骨密度の低下、リンとカルシウムが骨や歯以外に沈着する異所性石灰化が起こります。

この異所性石灰化は、血管内で起これば動脈硬化を引き起こし、心血管や心筋で起これば狭心症不整脈などを引き起こすこともあります。

スポンサーリンク

リンと食品

リンは、ミネラルの中ではカルシウムの次に多く体内に含まれるミネラルです。

リン含有食品

リンは、さまざまな食品に含まれており、基本的には不足することはありません。

牛乳・乳製品 魚介類 その他
  • 牛乳1カップ:195mg
  • チーズ30g:219mg
  • ヨーグルト1カップ:195mg
  • ししゃも3尾:258mg
  • ワカサギ中3尾:280mg
  • 高野豆腐20g:176mg
  • 大豆30g:174mg

[栄養の基本がわかる図解辞典]

食事から摂取するリンとカルシウムは1:1が理想とされています。

リンはこれら食品よりも、保存料・発色剤・pH調整剤・酸味料など食品添加物として摂取されることが多くなります。

成人でのリン目安量は900-1000mg/日、上限量は3000mg/日です。

血液中のリンは、これら食事の影響や、カルシウムの影響、夜に高くなるなど日内変動もありバラつきが大きくなる項目です。

血清リン[P]の基準値は、2.7-4.6mg/dLです。

[日本臨床検査協議会:共用基準範囲2014より]

リン高値とカルシウム吸収低下による二次性副甲状腺機能亢進症

腎機能低下患者[透析患者]では、2つの機序で副甲状腺機能亢進症を引き起こします。

高リン血症に伴う副甲状腺ホルモンの分泌促進

リンは、腎臓から排泄されるため、腎機能低下に伴い血液中のリン濃度が高値になります。

リンの値が高い状態=高リン血症の状態が続くと、リンを排泄するために副甲状腺ホルモン[PTH]が分泌されます。

PTHは、近位尿細管におけるリンの再吸収を抑制するため、リンの排泄が促進されるのです。

カルシウム吸収低下に伴う副甲状腺ホルモンの分泌促進

腎機能低下患者は、ビタミンDを活性化することが難しいため、腸管からのカルシウム吸収が低下します。

これにより血中カルシウム濃度が低下すると、血中カルシウム濃度を一定に保つために副甲状腺ホルモン[PTH]が分泌されます。

PTHは、骨中のカルシウムを血中に移行させる[=骨吸収促進]ため、血中のカルシウム濃度を保つことができるのです。

参考書籍

スポンサーリンク

人気のページ

おすすめ求人情報

求人バナー

薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました!

薬剤師薬学生LINEスタンプ

Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)