胃・消化性潰瘍の薬一覧表

炎症性腸疾患の中でも潰瘍性大腸炎の治療薬として使用される薬のひとつが、リアルダ[メサラジン]です。このページでは、リアルダ[メサラジン]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。

胃・消化性潰瘍の薬一覧表

炎症性腸疾患の中でも潰瘍性大腸炎の治療薬として使用される薬のひとつが、アサコール[メサラジン]です。このページでは、アサコール[メサラジン]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。

胃・消化性潰瘍の薬一覧表

潰瘍性大腸炎やクローン病など炎症性腸疾患の治療薬として使用される薬のひとつが、ペンタサ[メサラジン]です。このページでは、ペンタサ[メサラジン]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。

胃・消化性潰瘍の薬一覧表

潰瘍性大腸炎など炎症性腸疾患の治療薬として使用される薬のひとつが、サラゾピリン[サラゾスルファピリジン]です。このページでは、サラゾピリン[サラゾスルファピリジン]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。

胃・消化性潰瘍の薬一覧表

抗がん剤などの化学療法で生じる悪心や嘔吐などの消化器症状に対して使用される薬のひとつが、アロキシ[パロノセトロン]です。このページでは、アロキシ[パロノセトロン]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。

胃・消化性潰瘍の薬一覧表

抗がん剤などの化学療法、放射線治療の副作用で生じる悪心や嘔吐に対する制吐薬として使用される薬のひとつが、カイトリル[グラニセトロン]です。このページでは、カイトリル[グラニセトロン]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。

胃・消化性潰瘍の薬一覧表

抗がん剤などの化学療法の副作用で生じる悪心や嘔吐に対する制吐薬として使用される薬が、イメンド[アプレピタント]です。今回は、イメンド[アプレピタント]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。

胃・消化性潰瘍の薬一覧表

消化器症状の治療薬として使用されるセレキノン[トリメブチン]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。

胃・消化性潰瘍の薬一覧表

消化器症状の治療薬として使用されるガナトン[イトプリド]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。

胃・消化性潰瘍の薬一覧表

消化器症状の治療薬として使用されるガスモチン[モサプリド]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。