胃・消化性潰瘍の薬一覧表

炎症性腸疾患の中でも潰瘍性大腸炎の治療薬として使用される薬のひとつが、リアルダ[メサラジン]です。このページでは、リアルダ[メサラジン]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。

胃・消化性潰瘍の薬一覧表

炎症性腸疾患の中でも潰瘍性大腸炎の治療薬として使用される薬のひとつが、アサコール[メサラジン]です。このページでは、アサコール[メサラジン]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。

胃・消化性潰瘍の薬一覧表

潰瘍性大腸炎やクローン病など炎症性腸疾患の治療薬として使用される薬のひとつが、ペンタサ[メサラジン]です。このページでは、ペンタサ[メサラジン]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。

胃・消化性潰瘍の薬一覧表

潰瘍性大腸炎など炎症性腸疾患の治療薬として使用される薬のひとつが、サラゾピリン[サラゾスルファピリジン]です。このページでは、サラゾピリン[サラゾスルファピリジン]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。

胃・消化性潰瘍の薬一覧表

抗がん剤などの化学療法、放射線治療の副作用で生じる悪心や嘔吐に対する制吐薬として使用される薬のひとつが、カイトリル[グラニセトロン]です。このページでは、カイトリル[グラニセトロン]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。

胃・消化性潰瘍の薬一覧表

抗がん剤などの化学療法の副作用で生じる悪心や嘔吐に対する制吐薬として使用される薬が、イメンド[アプレピタント]です。今回は、イメンド[アプレピタント]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。

便秘・下痢の薬一覧表

便秘時の下剤として使用される薬のひとつがスインプロイク[ナルデメジン]です。

一般的な慢性便秘症にして使われる薬ではなく、オピオイドの副作用による薬剤性便秘に対して使用される薬です。

このページでは、スインプロ ...

便秘・下痢の薬一覧表

便秘時の下剤として使用される薬のひとつがモビコール[ポリエチレングリコール/電解質]です。浸透圧性下剤に分類されるため、作用機序は酸化マグネシウム製剤と同様になります。今回は、モビコール[ポリエチレングリコール/電解質]の作用機序、特 ...

便秘・下痢の薬一覧表

便秘時の下剤として使用される新しい作用機序の治療薬がグーフィス[エロビキシバット]です。最近便秘薬が増えてきて少しややこしくなってきました。今回は、世界初の胆汁酸トランスポーター阻害薬であるグーフィス[エロビキシバット]の作用機序、特 ...

気管支喘息、COPDの薬一覧表

気管支喘息の治療薬として使用されるアズマネックス[モメタゾンフランカルボン酸エステル]の作用機序、副作用、特徴について解説しています。