エレンタールPの成分組成、カロリー、特徴、副作用

2017年12月7日

疲れイラスト

スポンサーリンク

エレンタールP:経管栄養剤

エレンタールPは、食事摂取が困難な場合の栄養補給に使用される薬です。
歳を取るにつれ、

  • 消化管の働きが弱くなる
  • 味覚が鈍くなる
  • 飲み込みづらくなる

などによってどうしても食欲が低下してしまいます。

また、新生児や乳幼児では、難治性の下痢や栄養状態が悪い場合があります。
いずれも食事から十分な栄養を摂取できなければ、低栄養状態となります。

低栄養状態では、

  • 免疫力の低下
  • 筋力、骨量の低下
  • 認知機能の低下

などさまざまな疾患のリスクを上げてしまいます。

エレンタールPの成分組成、カロリー、特徴

低栄養状態を改善するために、経腸栄養剤や輸液が使用されます。

栄養の摂取方法によって以下のように分類分けされます。

栄養剤分類

胃腸機能が働く場合は経腸栄養剤を、胃腸機能が働かない場合は輸液が使用されます。

経腸栄養剤はさらに、消化の必要の有無で半消化態栄養剤消化態栄養剤に分かれます。

輸液は末梢静脈から入れるもの、中心静脈から入れるものに分かれます。

エレンタールPは、消化態栄養剤です。

消化態栄養剤は、胃腸における消化を必要としません。

そのため、糖質はデキストリンに、タンパク質はアミノ酸やペプチドに予め分解されており、脂質はほとんど配合されていません。

エレンタールPは40gの内用剤を合計155mLになるよう水で溶かし服用します。
投与方法は、経鼻・胃瘻・腸瘻チューブだけでなく、経口投与も可能です。

エレンタールPの栄養成分組成は以下の通りです。

栄養成分組成 含有量[配合剤+水=155mL中]
三大栄養素 アミノ酸 5.20g
脂肪 1.4g
糖質 31.00g
ミネラル、微量元素 ナトリウム 144.8mg(6.3mEq)
カリウム 247.6mg(6.3mEq)
カルシウム 170.4mg(8.5Eq)
マグネシウム 21.9mg(1.8mEq)
塩素 257.2mg(7.2mEq)
2.56mg
亜鉛 1.48mg
マンガン 0.25mg
0.18mg
ヨウ素 12.4μg
リン 131.6mg
ビタミン レチノール[ビタミンA] 540IU
エルゴカルシフェロール[ビタミンD] 170IU
酢酸トコフェロール[ビタミンE] 2.75mg
フィトナジオン[ビタミンK] 7.3μg
チアミン[ビタミンB1] 127μg
リボフラビン[ビタミンB2] 204μg
ピリドキシン[ビタミンB6] 183μg
シアノコバラミン[ビタミンB12] 0.6μg
アスコルビン酸[ビタミンC] 14.3mg
ニコチン酸アミド[ナイアシン] 1.83mg
パントテン酸 0.91mg
葉酸 36.8μg
ビオチン 32.8μg
コリン 20.1mg


この表の値は、エレンタールP配合内溶剤40gに水130mLを合わせた計155mLでの数値です。

エネルギーとしては、156キロカロリー[kcal]摂取することができます。

塩分制限や水分制限のある患者さんの場合、食塩相当量が0.37g、水分量が134mLで計算します。

新生児に用いるケースが多いため、母乳のアミノ酸組成を基にし、また脂肪量も多く設定されていることが特徴です。

やっくん

やっくん

エレンタールPは、消化の不要な消化態栄養剤として働くことによって、低栄養状態を改善します。

エレンタールPの副作用

エレンタールPは、新生児及び乳幼児の経管栄養剤として、1987年に発売された薬です。

エレンタールPの副作用としては、下痢[6.6%]、嘔吐[1.7%]、腹部膨満[0.4%]等の消化管障害、肝機能異常[1.4%]、AST(GOT)・ALT(GPT)上昇[1.2%]等の肝臓・胆管系障害、発熱[0.3%]、貧血[0.2%]等が報告されています。

エレンタールPの禁忌

  • フェニルケトン尿症等のアミノ酸代謝異常[高アミノ酸血症等を起こすおそれがあります。]

スポンサーリンク

人気のページ

薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました

薬剤師薬学生LINEスタンプ

Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)