エレンタールPの成分組成、カロリー、特徴、副作用

このエントリーをはてなブックマークに追加   

エレンタールP:経管栄養剤

 

疲れイラスト 

 

エレンタールPは、食事摂取が困難な場合の栄養補給に使用される薬です。

 

歳を取るにつれ、

  • 消化管の働きが弱くなる
  • 味覚が鈍くなる
  • 飲み込みづらくなる

などによってどうしても食欲が低下してしまいます。

 

また、新生児や乳幼児では、難治性の下痢や栄養状態が悪い場合があります。
いずれも食事から十分な栄養を摂取できなければ、低栄養状態となります。

 

低栄養状態では、

  • 免疫力の低下
  • 筋力、骨量の低下
  • 認知機能の低下

などさまざまな疾患のリスクを上げてしまいます。

 

エレンタールPの成分組成、カロリー、特徴

低栄養状態を改善するために、経腸栄養剤や輸液が使用されます。

 

栄養の摂取方法によって以下のように分類分けされます。

 

栄養剤分類 

 

胃腸機能が働く場合は経腸栄養剤を、胃腸機能が働かない場合は輸液が使用されます。

 

経腸栄養剤はさらに、消化の必要の有無で半消化態栄養剤消化態栄養剤に分かれます。
輸液は末梢静脈から入れるもの、中心静脈から入れるものに分かれます。

 

エレンタールPは、消化態栄養剤です。

 

消化態栄養剤は、胃腸における消化を必要としません。
そのため、糖質はデキストリンに、タンパク質はアミノ酸やペプチドに予め分解されており、脂質はほとんど配合されていません。

 

エレンタールPは40gの内用剤を合計155mLになるよう水で溶かし服用します。
投与方法は、経鼻・胃瘻・腸瘻チューブだけでなく、経口投与も可能です。

 

エレンタールPの栄養成分組成は以下の通りです。

 

栄養成分組成 含有量[配合剤+水=155mL中]
三大栄養素 アミノ酸 5.20g
脂肪 1.4g
糖質 31.00g
ミネラル、微量元素 ナトリウム 144.8mg(6.3mEq)
カリウム 247.6mg(6.3mEq)
カルシウム 170.4mg(8.5Eq)
マグネシウム 21.9mg(1.8mEq)
塩素 257.2mg(7.2mEq)
2.56mg
亜鉛 1.48mg
マンガン 0.25mg
0.18mg
ヨウ素 12.4μg
リン 131.6mg
ビタミン レチノール[ビタミンA] 540IU
エルゴカルシフェロール[ビタミンD] 170IU
酢酸トコフェロール[ビタミンE] 2.75mg
フィトナジオン[ビタミンK] 7.3μg
チアミン[ビタミンB1] 127μg
リボフラビン[ビタミンB2] 204μg
ピリドキシン[ビタミンB6] 183μg
シアノコバラミン[ビタミンB12] 0.6μg
アスコルビン酸[ビタミンC] 14.3mg
ニコチン酸アミド[ナイアシン] 1.83mg
パントテン酸 0.91mg
葉酸 36.8μg
ビオチン 32.8μg
コリン 20.1mg

 

この表の値は、エレンタールP配合内溶剤40gに水130mLを合わせた計155mLでの数値です。

 

エネルギーとしては、156キロカロリー[kcal]摂取することができます。
塩分制限や水分制限のある患者さんの場合、食塩相当量が0.37g、水分量が134mLで計算します。

 

新生児に用いるケースが多いため、母乳のアミノ酸組成を基にし、また脂肪量も多く設定されていることが特徴です。

 

やっくん

エレンタールPは、消化の不要な消化態栄養剤として働くことによって、低栄養状態を改善します。

 

エレンタールPの副作用

エレンタールPは、新生児及び乳幼児の経管栄養剤として、1987年に発売された薬です。

 

エレンタールPの副作用としては、下痢[6.6%]、嘔吐[1.7%]、腹部膨満[0.4%]等の消化管障害、肝機能異常[1.4%]、AST(GOT)・ALT(GPT)上昇[1.2%]等の肝臓・胆管系障害、発熱[0.3%]、貧血[0.2%]等が報告されています。

 

エレンタールPの禁忌

  • フェニルケトン尿症等のアミノ酸代謝異常[高アミノ酸血症等を起こすおそれがあります。]
このエントリーをはてなブックマークに追加   

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ


Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ

合わせて読みたいページ

チョコラAの作用機序、特徴、副作用
ユベラNの作用機序、特徴、副作用
ケーワンの作用機序、特徴、副作用
ケイツー、グラケーの作用機序、特徴、副作用
ジセタミンの作用機序、特徴、副作用
ノイビタの作用機序、特徴、副作用
アリナミンFの作用機序、特徴、副作用
FAD、フラビタンの作用機序、特徴、副作用
ピドキサールの作用機序、特徴、副作用
メチコバールの作用機序、特徴、副作用
ビタメジンの作用機序、特徴、副作用
ビタノイリンの作用機序、特徴、副作用
アリチア配合錠の作用機序、特徴、副作用
ノイロビタン配合錠の作用機序、特徴、副作用
ビタミンB製剤一覧表
フォリアミンの作用機序、特徴、副作用
パントシンの作用機序、特徴、副作用
ハイシーの作用機序、特徴、副作用
シナールの作用機序、特徴、副作用
フェロミアの作用機序、特徴、副作用
フェログラデュメットの作用機序、特徴、副作用
フェルムカプセルの作用機序、特徴、副作用
インクレミンの作用機序、特徴、副作用
フェジン静注の作用機序、特徴、副作用
エスポーの作用機序、特徴、副作用
エポジンの作用機序、特徴、副作用
ネスプの作用機序、特徴、副作用
ミルセラの作用機序、特徴、副作用
レボレードの作用機序、特徴、副作用
グルコン酸Kの作用機序、特徴、副作用
L-アスパラカリウムの作用機序、特徴、副作用
スローケーの作用機序、特徴、副作用
アスパラカリウム、グルコン酸K、スローケーの換算、変更
エンシュアリキッドの成分組成、カロリー、特徴、副作用
エンシュアHの成分組成、カロリー、特徴、副作用
エネーボの成分組成、カロリー、特徴、副作用
ラコールNFの成分組成、カロリー、特徴、副作用
ラコールNF半固形剤の成分組成、カロリー、水分量、副作用
ツインラインの成分組成、カロリー、特徴、副作用
エレンタールの成分組成、カロリー、特徴、副作用

TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職