胃・消化性潰瘍の薬一覧表

2018年5月24日

腹痛イラスト

胃・消化性潰瘍など消化器系の薬を一覧表にまとめています。

スポンサーリンク

胃・消化性潰瘍の薬

胃潰瘍・十二指腸潰瘍治療薬[攻撃因子抑制薬]

PPIの作用が最も強いですが、長期的には使用できないため、維持療法ではH2ブロッカーを使用します。

ヒスタミン受容体拮抗薬[H2ブロッカー]

ラフチジン[ストガー、プロテカジン]以外は腎排泄型の薬なので、腎機能低下患者では減量するなど投与量に注意が必要です。

プロトンポンプ阻害薬[PPI]

制酸薬

ムスカリン受容体拮抗薬

局所麻酔薬[抗ガストリン薬]

胃潰瘍・十二指腸潰瘍治療薬[防御因子増強薬]

胃粘膜保護薬

プロスタグランジン薬

抗ドパミン薬

ヘリコバクターピロリ除菌薬

ピロリ一次除菌療法

ピロリ二次除菌療法

内視鏡前処置薬

消泡薬

消化管運動抑制薬

粘液溶解薬

消化管運動調整薬

過敏性腸症候群治療薬

その他胃薬

健胃薬[S・M散]
消化液の分泌を促して食欲を増加させたり、胃酸の中和、消化を助ける消化酵素などさまざま成分が混ざっている薬です。

ベタネコール[ベザコリン]
胃腸の働きを活発にする、副交感神経刺激薬です。
膀胱の筋肉を収縮させ、膀胱の出口を緩めることで排尿促進薬としても使用されます。

消化酵素薬

薬によって入っている酵素が違いますが、デンプン、タンパク質、脂肪を分解する酵素です。
胃で溶ける成分と腸で溶ける成分の2層錠のものもあります。

制吐薬

D2遮断薬

NK1拮抗薬

5-HT3受容体拮抗薬

抗がん剤服用など腫瘍の治療時に起きる吐き気やおう吐に対して使用される吐き気止めの薬です。

炎症性腸疾患治療薬

サリチル酸の成分と、サルファ剤が一緒になった薬で、潰瘍性大腸炎やクローン病の治療薬として使用されます。
薬の色で尿がオレンジ色になることがあります。

サリチル酸の成分のみが大腸で溶けるように工夫された薬で、潰瘍性大腸炎やクローン病の治療薬として使用されます。

  • リン酸ベタメタゾン[ステロネマ]
  • リン酸プレドニゾロン[プレドネマ]

ステロイドの注腸剤で、潰瘍性大腸炎やクローン病の治療薬として使用されます。

抗TNF療法[生物学的製剤]

スポンサーリンク

人気のページ

おすすめ求人情報

求人バナー

薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました!

薬剤師薬学生LINEスタンプ

Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

Posted by sato