アスベリン[チペピジン]作用機序、特徴、副作用

2017年12月5日

風邪イラスト

スポンサーリンク

アスベリン[チペピジン]:鎮咳薬

アスベリン[チペピジン]は、かぜや気管支炎時の咳止め・鎮咳に使用される治療薬です。

咳は、基本的には異物を外に排出しようとして起こる生理現象です。

咳が起こる仕組み

例えば、かぜを引いたとき、ウイルスによって気管支が炎症を起こします。[上図①]

気管支には多くの刺激受容器[咳を感知するセンサー]が存在し、ウイルスによる刺激を感知し、脳にある咳中枢に伝わります。[上図②]

そして、咳中枢から呼吸筋に指令が伝わることで、咳が出るのです。[上図③]

これを咳反射と呼びます。

アスベリン[チペピジン]の作用機序、特徴

咳は、異物を外に排出するため、ヒトにとって重要な生理現象です。

とはいえ、1回の咳で約2kcal消費すると言われているため、かぜを引いているときや特に高齢者にはつらいものになります。

そのため、咳止め薬[鎮咳薬]が使用されるのです。

アスベリンは、延髄咳中枢に対して作用する非麻薬性の咳止め治療薬です。

アスベリンは、脳中にある延髄に直接作用し、咳の感受性を低下させる作用を持っています。

アスベリン作用機序

やっくん

やっくん

アスベリン[チペピジン]は、延髄に直接作用することで、咳の感受性を低下させ咳症状を改善します。

 

投与後1時間程度で効果を現し、約5~6時間持続するとされています。

アスベリン[チペピジン]の副作用

アスベリン[チペピジン]は、かぜや気管支炎時の咳止め・鎮咳の治療薬として、1959年に発売された古い薬です。

主な副作用としては、食欲不振[1.1%]、便秘[0.5%]が挙げられます。

アスベリン[チペピジン]の禁忌

  • 特になし

スポンサーリンク

人気のページ

薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました

薬剤師薬学生LINEスタンプ

Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)