ベタフェロン[インターフェロンβ-1b]作用機序、特徴、副作用

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ベタフェロン[インターフェロンβ-1b]:多発性硬化症[MS]治療薬


多発性硬化症 


ベタフェロン[インターフェロンβ-1b]は、多発性硬化症[MS]の再発予防に使用されるインターフェロン製剤です。

多発性硬化症[MS]とは?

多発性硬化症は手や足、顔など身体のあらゆる部位を自由に動かせなくなったり、しびれや消化器系の症状などが生じる疾患です。

多発性硬化症は、英名でMultiple(多発する)Sclerosis(硬化)と呼ばれるため頭文字を取ってMSと呼ばれます。

多発性硬化症は、神経細胞に異常が起こることで生じる疾患です。
20~30代の女性に多い疾患です。

多発性硬化症の説明に入る前に、身体を支配している筋肉について確認してみましょう。


単シナプス反射、多シナプス反射

外部から刺激や脳からの指令によって、筋肉は緊張します。

単シナプス多シナプス


刺激や指令の伝達は神経細胞を介して伝達し、脊髄において単一経路で情報伝達をする単シナプス反射や複数の経路で情報伝達をする多シナプス反射が行われます。

そこで、運動神経[α-運動ニューロンやγ-運動ニューロン]に興奮が伝わります。

α-運動ニューロンは直接骨格筋を収縮します。
γ-運動ニューロンは筋紡錘の感受性を高め、Ⅰa繊維からα-運動ニューロンに興奮を伝えることで間接的に骨格筋を収縮します。

α運動ニューロンγ運動ニューロン 


ミエリン[髄鞘]の働き

神経線維の中心は、軸索と呼ばれる細長い突起部分であり、情報伝達を行います。
軸索の周りは、絶縁体であるミエリン[髄鞘]で覆われています。

ミエリン情報伝達 


情報伝達は、絶縁体であるミエリンを介さず、むき出しの軸索部分を介して伝わります。
むき出しの軸索部分をランビエの絞輪、情報伝達の方法を跳躍伝導と言います。

跳躍伝導 


このミエリンが何らかの影響で機能しなくなり、脱落[脱髄という]した疾患が多発性硬化症です。

ミエリンの脱髄の原因はわかっていませんが、自身のリンパ球の攻撃による自己免疫疾患であると考えられています。

ベタフェロン[インターフェロンβ-1b]の作用機序、特徴

多発性硬化症には、3つのタイプがあり、急性増悪と寛解を繰り返す再発寛解型が最も多いとされています。

 

再発寛解型の場合の薬物治療は、急性増悪を回復させるための治療と再発を抑制するための予防の2種類が必要に応じて行われます。

 

多発性硬化症では、ミエリンの脱髄が起こっていますが、なぜミエリンが脱髄するかはわかっていません。

 

ミエリンの脱髄の機序として1つ、以下のような仮説が立てられています。

多発性硬化症 

  1. ミエリン類似物質を抗原とし、T細胞が活性化
  2. 活性化したT細胞が中枢へ移動
  3. 中枢内で再活性化したT細胞が炎症性サイトカインを分泌する。

    これらのサイトカインはマクロファージ等を局所に動員し、結果としてミエリン産生細胞を破壊し脱髄

[ベタフェロンIFより改変]

 
多発性硬化症の治療薬として使用されるベタフェロンは、インターフェロン製剤であり、上記の免疫系に作用します。

 

ベタフェロンの作用機序は次の3つではないかと考えられています。

  1. 末梢においてT細胞の活性化を抑制
  2. 活性化したT細胞の中枢への移動を抑制する。
  3. 中枢におけるT細胞の再活性化を抑制し、炎症性サイトカインの分泌を抑制

 

ベタフェロン作用機序 

 

やっくん

ベタフェロン[インターフェロンβ-1b]は、末梢、中枢においてT細胞の活性化を阻害し、炎症性サイトカインの分泌を抑制することで、ミエリンの脱髄を抑制します。

 

 

ベタフェロン[インターフェロンβ-1b]の副作用

ベタフェロン[インターフェロンβ-1b]は、多発性硬化症[MS]の再発予防薬として、2000年に発売された薬です。

 

主な副作用としては、発熱[63.5%]、注射部発赤[43.5%]、頭痛[32.0%]、倦怠感[20.0%]、注射部疼痛[19.5%]、注射部硬結[17.0%]、嘔気[12.0%]、関節痛[11.0%]などが報告されています。

 

主な臨床検査値異常は、リンパ球減少[37.5%]、ALT(GPT)上昇[25.0%]、白血球減少[21.5%]、AST(GOT)上昇[20.5%]、γ-GTP上昇[18.0%]、好中球減少[16.0%]、血小板減少[5.5%]などが報告されています。

 

また、インターフェロン製剤の投与によりうつ病や自殺企図が報告されています。
投与にあたっては、うつ病、自殺企図の症状又は他の精神神経症状に注意するよう警告されています。

 

さらに、副作用として注射部壊死や間質性肺炎があらわれることがあるので、投与にあたっては、患者の状態を十分に観察し、呼吸困難等に注意しなければなりません。

 

ベタフェロン[インターフェロンβ-1b]の禁忌

  • 妊婦又は妊娠している可能性のある女性
  • 重度のうつ病又は自殺念慮の既往歴
  • 非代償性肝疾患[症状が悪化するおそれがあります。]
  • 自己免疫性肝炎[肝炎が悪化するおそれがあります。]
  • 治療により十分な管理がされていないてんかん患者[症状が悪化するおそれがあります。]
  • 小柴胡湯
  • ワクチン等生物学的製剤に対し過敏症の既往歴
このエントリーをはてなブックマークに追加   

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ


Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ


TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職