ボトックス注[A型ボツリヌス毒素]作用機序、特徴、副作用

2017年12月6日

肩こり薬イラスト

スポンサーリンク

ボトックス注[A型ボツリヌス毒素]:筋弛緩薬

ボトックス注[A型ボツリヌス毒素]は、痙性麻痺や瞼の痙攣、顔面痙攣など筋肉の緊張によって起こる疾患の治療薬です。

ボトックス注は、筋弛緩薬の中でも末梢性の骨格筋弛緩薬に分類されます。

筋肉の分類・特徴

筋肉は主に骨格筋心筋平滑筋の3つに分類されます。

このうち、骨格筋・心筋は筋線維に横紋[縞模様]が見られるため合わせて横紋筋と言われます。

筋肉種類

  • 骨格筋は、自分でトレーニングをして増やせるいわゆる筋肉であり、自分の意思で自由に動かすことができます。
  • 心筋は、字のごとく心臓の筋肉であり、自律神経に支配されています。
  • 平滑筋は、血管や気管支、胃や腸などの内臓を動かしている筋肉であり、自律神経に支配されています。

骨格筋のように、自分の意思で動かすことのできる筋肉を随意筋、心筋や平滑筋のように自律神経に支配されている筋肉を不随意筋と言います。

つまり、肩こりや腰痛など、私たちが動かすことのできる筋肉は骨格筋が緊張している状態にあるのです。

それでは、骨格筋の緊張とはどのような状態のことでしょうか?

骨格筋の緊張とは?肩こりや腰痛が起こる仕組み

骨格筋が緊張するとは、骨格筋の収縮状態が長く続くことを意味します。

私たちの身体は、骨格筋が収縮・弛緩を繰り返すことで動いています。

筋肉収縮弛緩

しかし、長時間のデスクワークや読書、運転など身体を動かさない状態が続くと、骨格筋が収縮したままの状態が続きます=骨格筋の緊張

この骨格筋の緊張状態が長く続くと、毛細血管を圧迫してしまいます。

つまり、血液の流れが滞ってしまうため、筋肉中へ送り込む酸素や栄養の量が減ってしまい筋肉が疲労して肩こりや腰痛を引き起こすのです。

そのため、肩こりや腰痛の治療には筋肉の緊張状態をほぐすためのマッサージや温熱療法が行われるのです。

ボトックス注[A型ボツリヌス毒素]の作用機序、特徴

ボトックス注は、骨格筋の緊張をほぐす筋弛緩薬です。

筋弛緩薬は脳からのシナプス反射に作用する中枢性の筋弛緩薬と、筋小胞体からのCaイオンの遊離を抑制する末梢性の筋弛緩薬に分かれます。

ボトックス注は、末梢性の筋弛緩薬であり、神経終末のアセチルコリンの遊離を抑制することで、カルシウムイオンの遊離抑制作用を示します。

ボトックス注の作用機序に入る前に、末梢における筋肉の収縮機構について確認してみましょう。

骨格筋収縮の仕組み、メカニズム

骨格筋の収縮には次の3つのステップが必要です。

  1. ニコチン性アセチルコリン受容体の活性化による脱分極
  2. 筋小胞体からカルシウムイオンの遊離
  3. アクチン・ミオシンのATP消費による結合

1.ニコチン性アセチルコリン受容体の活性化による脱分極

アセチルコリン脱分極

神経伝達物質であるアセチルコリンが、ニコチン性アセチルコリン受容体に作用します。

ニコチン性アセチルコリン受容体はナトリウムチャネルを形成しているため、ナトリウムイオンの細胞内流入が起こり脱分極を起こします。

2.筋小胞体からカルシウムイオンの遊離

筋小胞体カルシウム遊離

脱分極による活動電位がT管に伝わり、T管にあるカルシウムチャネルが開口します。

カルシウムチャネルと連動し、筋小胞体内のリアノジン受容体が開口し、カルシウムイオンが遊離するのです。

http://static.mda.org/publications/Quest/q62ccd2.htmlより]

3.アクチン・ミオシンのATP消費による結合

筋小胞体から遊離したカルシウムイオンは骨格筋中のトロポニンと結合します。
トロポニンは、アクチン中のミオシン結合部位の外側をトロポミオシンが覆うようにすることで筋肉の収縮を抑制しています。

トロポニンカルシウム結合

カルシウムイオンがトロポニンと結合すると、トロポミオシンが変形しミオシン結合部位がむき出しの状態になります。

この状態になって初めて、ミオシンとアクチンが結合しATPを消費することで筋肉が収縮します。

ボトックス注は、1~3のうち1の部分に大きく関わっています。

ボトックス注は、神経終末において、アセチルコリンの輸送に関与する小胞膜蛋白(SNAP-25)を阻害し、アセチルコリンの遊離を抑制します。

そのため、アセチルコリンの結合による脱分極を抑制し、筋弛緩作用を示すと考えられています。

ボトックス注作用機序

やっくん

やっくん

ボトックス注[A型ボツリヌス毒素]は、神経終末においてアセチルコリンの遊離を抑制し、末梢において骨格筋弛緩作用を示します。

ボトックス注[A型ボツリヌス毒素]の副作用

ボトックス注[A型ボツリヌス毒素]は、痙性麻痺や瞼の痙攣、顔面痙攣など筋肉の緊張を改善する治療薬として、1996年に承認された薬です。

主な副作用としては、眼瞼下垂[2.19%]、兎眼・閉瞼不全[2.14%]、流涙[1.04%]などが報告されています。

また、ボトックス注は、ボツリヌス菌によって産生されるA型ボツリヌス毒素であるため、使用上の注意を熟読した上で、用法及び用量を厳守し、眼瞼痙攣、片側顔面痙攣、痙性斜頸、上肢痙縮、下肢痙縮、2歳以上の小児脳性麻痺患者における下肢痙縮に伴う尖足、重度の原発性腋窩多汗症及び斜視以外には使用しないことと警告されています。

ボトックス注[A型ボツリヌス毒素]の禁忌

  • 全身性の神経筋接合部の障害(重症筋無力症、ランバート・イートン症候群、筋萎縮性側索硬化症等)
    [本剤は筋弛緩作用を有するため、病態を悪化させる可能性があります。]
  • 痙性斜頸において、高度の呼吸機能障害
    [本剤の投与により、病態を悪化させる可能性があります。]
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳婦

スポンサーリンク

人気のページ

薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました

薬剤師薬学生LINEスタンプ

Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)