ペガシス[遺伝子組換え型ペグインターフェロン]作用機序、副作用

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ペガシス[遺伝子組換えペグインターフェロンアルファ2a]:B型・C型肝炎治療薬

HBV,HCV,B型肝炎,C型肝炎,治療,薬,ペガシス,ペグインターフェロン,作用機序,特徴,副作用,禁忌

 

ペガシス[遺伝子組換えペグインターフェロンアルファ2a]は、B型肝炎やC型肝炎の治療に使用される治療薬です。

 

B型肝炎とは?

B型肝炎とは、B型肝炎ウイルス[HBV]が主に血液体液を介して感染する肝臓の疾患です。
そのため、医療現場における針刺し事故や予防接種時の注射器の使いまわし性的接触が主な原因とされています。

 

HBVに感染すると、その多くは治癒しますが、一部が慢性肝炎や劇症肝炎となり、肝硬変、肝臓がん、死亡などの経過をたどることがあるのです。

 

B型肝炎経過 

 

HBVの予防にはワクチン消毒が行われます。
HBVはHCVと異なりワクチンによる予防接種が可能なウイルスです。
医療従事者では、HBVワクチンの接種が労働安全衛生法によって義務付けされています。

 

また、HBVが含まれている可能性のある血液、体液は消毒しなければなりません。
HBVはエンベロープを持つウイルスであるため、中水準以上の消毒薬である消毒用エタノール次亜塩素酸ナトリウムが効果的です。

 

C型肝炎とは?

C型肝炎とは、C型肝炎ウイルス[HCV]が主に血液を介して感染する肝臓の疾患です。
B型肝炎と同様、医療現場における針刺し事故や予防接種時の注射器の使いまわし性的接触が主な原因とされています。

 

HCVに感染すると、治癒する場合もありますが、治療を行わない場合20~30%が肝硬変、肝臓がん、死亡などの経過をたどるとされています。

 

C型肝炎経過 

 

HCVの予防には、消毒が行われます。
HCVが含まれている可能性のある血液、体液は消毒しなければなりません。
HCVはHBV同様エンベロープを持つウイルスであるため、中水準以上の消毒薬である消毒用エタノール次亜塩素酸ナトリウムが効果的です。

 


ペガシス[遺伝子組換えペグインターフェロンアルファ2a]の作用機序、特徴

B型肝炎やC型肝炎の治療では、その原因となるB型肝炎ウイルス[HBV]、C型肝炎ウイルス[HCV]の増殖を抑制する薬が使用されます。

 

中でも、インターフェロンと呼ばれる免疫系サイトカインの一種が一般的に使用されます。

 

ペガシスは、インターフェロンを含有するB型肝炎・C型肝炎の治療薬です。
ペガシスは、遺伝子組換え型インターフェロンαをペグ化した製剤です。

 

ペグ化とは、ポリエチレングリコール[PEG]を結合させることによって、作用時間を持続させる製剤化技術です。
従来の遺伝子組み換え型インターフェロン製剤であるイントロンAは、半減期が5~6時間程度のため連日投与をしなければなりませんでした。
ペガシスは、半減期が40時間程度に延長したため、週一回の投与が可能となった薬です。

 

ペガシスを含むインターフェロンの抗ウイルス作用の機序は、未感染の細胞をターゲットとします。
未感染細胞に抵抗性を与えることで、HBV・HCVの増殖を抑えるのです。

 

インターフェロン作用 

 

インターフェロンは未感染細胞中の2-5AS合成酵素、プロテインキナーゼ、2’-ホスホジエステラーゼの3つの酵素を誘導します。
それぞれ、mRNAの分解作用、タンパク合成開始因子の不活化、tRNAのアミノ酸結合部位の切断作用を示します。

 

これらの作用によって、ウイルスタンパクの増殖を防ぎ、HBV・HCVの増殖を防ぐのです。

 

ペガシス作用機序 

 

やっくん

ペガシス[遺伝子組換えペグインターフェロンアルファ2a]は、未感染細胞に作用しウイルスのタンパク合成に関わる酵素を誘導することで、タンパク合成を抑制し、HBV・HCVの増殖を抑制します。

 

ペガシス[遺伝子組換えペグインターフェロンアルファ2a]の副作用

ペガシス[遺伝子組換えペグインターフェロンアルファ2a]は、C型肝炎の治療薬として、2003年に発売された薬です。その後、2011年にB型肝炎に対する適応も承認されています。

 

主な副作用としては、発熱[12.4%]、けん怠感[12.2%]、そう痒症[6.7%]、血小板減少[26.2%]、好中球減少[20.8%]、白血球減少[13.8%]などが知られています。

 

間質性肺炎、自殺企図などの致死的な副作用の発現が報告されており、警告とされています。

 

ペガシス[遺伝子組換えペグインターフェロンアルファ2a]の禁忌

  • 小柴胡湯[間質性肺炎があらわれることがあります。]
  • 自己免疫性肝炎[自己免疫性肝炎が増悪することがあります。]
  • 低出生体重児、新生児、乳児、3歳未満の幼児
このエントリーをはてなブックマークに追加   

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ



Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ

合わせて読みたいページ

フエロンの作用機序、副作用、特徴
B型肝炎やC型肝炎の治療薬、フエロン[天然型インターフェロン]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
スミフェロンの作用機序、副作用、特徴
B型肝炎やC型肝炎の治療薬、スミフェロン[天然型インターフェロン]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
イントロンAの作用機序、副作用、特徴
B型肝炎やC型肝炎の治療薬、イントロンA[遺伝子組換え型インターフェロン]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
ペグイントロンの作用機序、特徴、副作用
C型肝炎の治療薬、ペグイントロン[遺伝子組換え型ペグインターフェロン]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
インターフェロン[INF]製剤一覧表-HBV、HCV治療薬-
B型肝炎、C型肝炎の治療薬であるインターフェロン製剤を一覧表にしてまとめています。
セロシオンの作用機序、副作用、特徴
B型肝炎の治療薬、セロシオン[プロパゲルマニウム]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
ゼフィックスの作用機序、副作用、特徴
B型肝炎の治療薬、ゼフィックス[ラミブジン]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
ヘプセラの作用機序、副作用、特徴
B型肝炎の治療薬、ヘプセラ[アデホビル]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
バラクルードの作用機序、副作用、特徴
B型肝炎の治療薬、バラクルード[エンテカビル]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
テノゼットの作用機序、副作用、特徴
B型肝炎の治療薬、テノゼット[テノホビル]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
グリチロンの作用機序、副作用、特徴
肝機能異常の治療薬、グリチロン[グリチルリチン酸、グリシン、メチオニン]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
レベトール、コペガスの作用機序、副作用、特徴
C型肝炎常の治療薬、レベトール、コペガス[リバビリン]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
テラビックの作用機序、副作用、特徴
C型肝炎常の治療薬、テラビック[テラプレビル]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
ソブリアードの作用機序、副作用、特徴
C型肝炎常の治療薬、ソブリアード[シメプレビル]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
バニヘップの作用機序、副作用、特徴
C型肝炎常の治療薬、バニヘップ[バニプレビル]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
スンベプラの作用機序、副作用、特徴
C型肝炎常の治療薬、スンベプラ[アスナプレビル]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
ダクルインザの作用機序、副作用、特徴
C型肝炎常の治療薬、ダクルインザ[ダクラタスビル]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
ソバルディの作用機序、副作用、特徴
C型肝炎常の治療薬、ソバルディ[ソホスブビル]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
ハーボニーの作用機序、副作用、特徴
C型肝炎常の治療薬、ハーボニー[ソホスブビル/レジパスビル]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
ヴィキラックスの作用機序、副作用、特徴
C型肝炎常の治療薬、ヴィキラックス[パリタプレビル/オムビタスビル]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
ウルソの作用機序、副作用、特徴
肝機能異常の治療薬、ウルソ[ウルソデオキシコール酸]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
コスパノンの作用機序、副作用、特徴
膵臓や胆管の治療薬、コスパノン[フロプロピオン]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
スパカールの作用機序、副作用、特徴
膵臓や胆管の治療薬、スパカール[トレピブトン]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
アミノレバンの作用機序、副作用、特徴
肝性脳症の治療薬、アミノレバンEN[アミノ酸配合栄養剤]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
リーバクトの作用機序、副作用、特徴
肝硬変患者の低アルブミン血症患者に使用する、リーバクト[バリン、ロイシン、イソロイシン]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
モニラックの作用機序、副作用、特徴
高アンモニア血症の治療薬、モニラック[ラクツロース]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
ポルトラックの作用機序、副作用、特徴
高アンモニア血症の治療薬、ポルトラック[ラクチトール]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
フサン注の作用機序、副作用、特徴
急性膵炎の治療薬、フサン注[ナファモスタット]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
エフオーワイ注の作用機序、副作用、特徴
急性膵炎の治療薬、エフオーワイ注[ガベキサート]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
フオイパンの作用機序、副作用、特徴
急性膵炎の治療薬、フオイパン[カモスタット]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
ミラクリッド注の作用機序、副作用、特徴
急性膵炎の治療薬、ミラクリッド注[ウリナスタチン]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
カリメート、アーガメイトの作用機序、副作用、特徴
高カリウム血症の治療薬、カリメート、アーガメイト[ポリスチレンスルホン酸カルシウム]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
ケイキサレートの作用機序、副作用、特徴
高カリウム血症の治療薬、ケイキサレート[ポリスチレンスルホン酸ナトリウム]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
アミユーの作用機序、副作用、特徴
慢性腎不全時のアミノ酸補給薬、アミユー[必須アミノ酸]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
クレメジンの作用機序、副作用、特徴
尿毒症の予防薬、クレメジン[球形吸着炭]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
カルタンの作用機序、副作用、特徴
高リン血症の治療薬、カルタン[沈降炭酸カルシウム]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
レナジェル、フォスブロックの作用機序、副作用、特徴
高リン血症の治療薬、レナジェル、フォスブロック[セベラマー]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
ホスレノールの作用機序、副作用、特徴
高リン血症の治療薬、ホスレノール[炭酸ランタン]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
キックリンの作用機序、副作用、特徴
高リン血症の治療薬、キックリン[ビキサロマー]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
リオナの作用機序、副作用、特徴
高リン血症の治療薬、リオナ[クエン酸第二鉄]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
ピートルの作用機序、副作用、特徴
高リン血症の治療薬、ピートル[スクロオキシ水酸化鉄]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
レミッチ、ノピコールの作用機序、副作用、特徴
腎臓、肝臓疾患の際のそう痒症治療薬、レミッチ、ノピコール[ナルフラフィン]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
エルカルチンFFの作用機序、副作用、特徴
カルニチン欠乏症治療薬、エルカルチンFF[レボカルニチン]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。

TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職