ミラクリッド注[ウリナスタチン]作用機序、副作用、特徴

2017年12月7日

膵臓薬イラスト

スポンサーリンク

ミラクリッド注[ウリナスタチン]:膵炎治療薬

ラクリッド注[ウリナスタチン]は、膵炎の急性症状を改善する薬です。

膵炎とは?

膵炎とは、膵臓の組織が障害されることで急激な腹痛を伴う疾患です。

膵臓の働きは、大きく2つに分かれ、外分泌機能と内分泌機能を持っています。

外分泌部では、消化に関与する膵液を十二指腸へ分泌します。

内分泌部では、インスリンやグルカゴンといった主に血糖値を調節するホルモンの分泌を行います。

膵臓働き

膵液中には、糖質・脂質・タンパク質を分解する酵素を含んでいます。

 

糖質分解酵素 アミラーゼ
脂質分解酵素 リパーゼ
タンパク質分解酵素 トリプシン、キモトリプシン


膵炎では、膵液中の酵素が過剰に産生され、膵臓やその周囲の組織までも消化してしまう自己消化を起こすことで急激な腹痛が起こるとされています。

膵炎は、主に、飲酒によるアルコール性膵炎と胆石症による胆石性膵炎の2つに分類されます。

アルコール性急性膵炎は男性に、胆石性急性膵炎は女性に多く性差が認められています。

ミラクリッド注[ウリナスタチン]の作用機序、特徴

膵炎の治療では、痛みを取り除くための鎮痛薬、感染症を予防するための抗菌薬、タンパク分解酵素の過剰な働きを抑制するタンパク分解酵素阻害薬が使用されます。

ミラクリッド注は、タンパク分解酵素を阻害する急性膵炎の治療薬です。

膵炎の急性症状は、タンパク分解酵素であるトリプシンの自己消化がひとつの原因とされています。

膵臓自己消化

ミラクリッド注の有効成分であるウリナスタチンは、トリプシンやキモトリプシンに作用し、その働きを阻害します。

ミラクリッド注作用機序

やっくん

やっくん

ミラクリッド注[ウリナスタチン]は、膵臓から分泌されるタンパク分解酵素[トリプシン、キモトリプシン]に作用し、タンパク分解酵素による自己消化を抑制させ、膵炎の急性症状を改善します。

ミラクリッド注[ウリナスタチン]の副作用

ミラクリッド注[ウリナスタチン]は、膵炎の急性症状改善薬として、1985年に承認された薬です。

主な副作用としては、AST(GOT)・ALT(GPT)の上昇等の肝機能検査値の異常[0.4%]、白血球減少等の血液検査値の異常[0.2%]、発疹、?痒感等の過敏症状[0.1%]、下痢等の消化器症状[0.1%]、血管痛等の注射部位の異常[0.1%]などが知られています。

ウリナスタチンはヒト尿から分離、精製した蛋白質ですが、原料あるいは精製の度合によっては不純物質の混入も考えられるため、患者の状態を十分に観察することと警告されています。

ミラクリッド注[ウリナスタチン]の禁忌

  • 特になし

スポンサーリンク

人気のページ

薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました

薬剤師薬学生LINEスタンプ

Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)