アイピーディ[スプラタスト]作用機序、副作用、特徴

2017年12月4日

花粉症薬イラスト

スポンサーリンク

アイピーディ[スプラタスト]:花粉症・アレルギー治療薬

アイピーディ[スプラタスト]は花粉症などのアレルギー性鼻炎や気管支喘息、アトピー性皮膚炎の治療薬として使用されています。

花粉症などのアレルギー反応は、体内で“ヒスタミン、ロイコトリエン、トロンボキサン”といった生理活性物質を放出することが原因で起こります。

ロイコトリエンを例にどのようにアレルギー症状が起こるのかを見てみましょう。

ロイコトリエンの働き

花粉症・アレルギーの原因となるロイコトリエンは、アレルギー源が体内に入った際に肥満細胞から分泌され、ロイコトリエン[LT]受容体に働くことで、アレルギー源を除去するようにと働きます。
その結果、鼻づまりやくしゃみ、鼻水、喘息などの局所症状が発現するのです。

アレルギー反応原因2

アイピーディ[スプラタスト]の作用機序、特徴

アレルギー症状を引き起こす原因物質であるヒスタミンやロイコトリエンといった生理活性物質をケミカルメディエータ―[化学伝達物質]と言います。

花粉症などのアレルギー反応は、体内[肥満細胞]でケミカルエディエーターを放出・遊離することが原因で起こります。

ケミカルメディエーターの放出・遊離は、肥満細胞に付着したIgE抗体の抗原抗体反応が起こることによります。

アイピーディは、IgE抗体の産生を抑制し、抗原抗体反応が起こらないように作用する薬です。

免疫グロブリンIgE抗体産生の仕組み

私たちの体内に異物[抗原]が侵入すると、マクロファージからヘルパーT細胞に「異物が侵入した」と情報が伝わります。
ヘルパーT細胞は、異物を処理するための抗体を作るために、B細胞へ異物の情報を伝えます。

インターロイキン抗体産生

情報を受け取ったB細胞は、抗体を産生する形質細胞に分化し、抗原に対する抗体[IgE]を産生するのです。

アイピーディは、ヘルパーT細胞に働きかけ、B細胞へと情報を誘導するサイトカイン=IL-4、IL-5の産生を抑制します。

その結果、IgE抗体の産生を抑制するのです。

アイピーディ作用機序

やっくん

やっくん

アイピーディ[スプラタスト]は、インターロイキン4・5[IL-4、IL-5]の産生を抑制することで、異物との抗原抗体反応を抑制し、花粉症やアレルギー症状、喘息症状を改善します。

アイピーディ[スプラタスト]の副作用

アイピーディ[スプラタスト]は、1995年に気管支喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎の治療薬として承認された薬です。

代表的な副作用としては、胃部不快感[0.4%]、嘔気[0.4%]等の消化器症状、ALT(GPT)上昇[0.4%]、AST(GOT)上昇[0.3%]等の肝機能障害、眠気[0.5%]、発疹[0.2%]などが挙げられます。

アイピーディ[スプラタスト]の禁忌

  • 特になし

スポンサーリンク

人気のページ

薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました

薬剤師薬学生LINEスタンプ

Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)