平成30年度介護報酬改定:薬局の居宅療養管理指導算定単位は?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

平成30年度介護報酬改定:調剤薬局の居宅療養管理指導の単位は?

平成30年度,介護報酬改定,調剤薬局,居宅療養管理指導

平成30年度介護報酬改定について、在宅を行う薬局薬剤師は施設在宅の単位が大幅に引き下げられると予想していたかと思います。
私は、もしかしたら月4回という算定回数が月2回までに引き下げられるのではという最悪の事態まで想定していました。

 

改定の話に入る前に、在宅医療で調剤薬局が介入するケースをおさらいしておきましょう!
調剤薬局が在宅医療に介入する際には、介護保険の居宅療養管理指導が優先的に適応され、介護保険の適応がなければ医療保険の在宅患者訪問薬剤管理指導が適応されます。

 

やることに大きな違いはありませんが、それぞれの細かい違いはこちらにアップしています↓

薬剤師の居宅療養管理指導と在宅患者訪問薬剤管理指導の違い

調剤薬局薬剤師が在宅医療に取り組む場合、介護保険を使うか医療保険を使うか考えなければなりません。居宅療養管理指導と在宅患者訪問薬剤管理指導の違いも含めて解説しています。

 

これを踏まえて、医療保険の在宅患者訪問薬剤管理指導および介護保険の居宅療養管理指導の改定案を確認してみましょう!

 

【2018年度在宅患者訪問薬剤管理指導料案】

医療保険において、1月24日-1月26日に”2018年度診療報酬改定の個別改定項目(案)”が公表されました。

 

2018年度診療報酬改定:中医協が公表した個別改定項目まとめ

2018年診療報酬改定において、中央社会保険医療協議会[中医協]が公表した個別改定項目(案)について、調剤薬局に関連する部分をまとめています。

 

2018年度診療報酬改定の個別改定項目(案)では、施設在宅の入居人数に応じて3段階の点数案が提唱されていました。
2018年2月11日:2018年度診療報酬改定の答申内容追記しました。

 

2016年度 2018年度案

単身の場合:650点
2人以上の住まい:300点

単一建物1人のみ算定:650点
単一建物2人以上9人以下を算定:320点
単一建物10人以上を算定:290点

 

居宅療養指導管理料

介護保険においては、1月26日、社会保障審議会介護給付費分科会が”介護報酬の算定構造”を公表しました。

 

予想通り、施設在宅の入居人数に応じて3段階の単位に分かれていましたが、私が思っていた以上にプラスの改定であったかと思います。

 

現時点で確認できている単位数は、以下になります。

 

平成27年度 平成30年度案

◆病院やクリニック薬剤師[月2回まで]

  • 単身の場合:553単位
  • 2人以上の住まい:387単位

◆病院やクリニック薬剤師[月2回まで]

  • 単一建物1人のみ算定:558単位
  • 単一建物2人以上9人以下を算定:414単位
  • 単一建物10人以上を算定:378単位

◆調剤薬局薬剤師[月4回まで]

  • 単身の場合:503単位
  • 2人以上の住まい:352単位

◆調剤薬局薬剤師[月4回まで]

  • 単一建物1人のみ算定:507単位
  • 単一建物2人以上9人以下を算定:376単位
  • 単一建物10人以上を算定:344単位


このエントリーをはてなブックマークに追加   

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ



Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ


TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職