クレアチンキナーゼ[CK]の基準値:高い、低い、薬の副作用

2018年3月27日

 

採血イラスト

薬の副作用や病気の経過によって骨格筋や心筋が損傷することがあります。

これら筋障害の指標となるのがクレアチンキナーゼ[CK]です。

クレアチンキナーゼ[CK]とは、クレアチンフォスホキナーゼ[CPK]とも呼ばれ、筋肉の損傷によって上昇する酵素です。

CKは、95%が骨格筋型=MM、5%が心筋型=MB、1%未満が脳型=BBと3つに分かれます。

クレアチンキナーゼ[CK]の基準値は、男性59-248[U/L]、女性41-153[U/L]です。

[日本臨床検査協議会:共用基準範囲2014より]

横紋筋融解症や心筋梗塞で筋組織が損傷し高値を示します。

激しい運動直後は高値になるので注意が必要です。

クレアチンキナーゼ[CK]と関連する薬剤性の副作用

クレアチンキナーゼ[CK]を測定する際は、横紋筋融解症を発症する薬に注意する必要があります。

CK高値を起こす薬剤
スタチン系・フィブラート系脂質異常症治療薬、コルヒチン、ACE阻害薬、マクロライド系薬、シスプラチン

[参考:検査値×処方箋の読み方 他]

スポンサーリンク

人気のページ

薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました

薬剤師薬学生LINEスタンプ

Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)