ハーフジゴキシン[ジゴキシン]作用機序、特徴、副作用

2017年12月5日

心不全薬イラスト

スポンサーリンク

ハーフジゴキシン[ジゴキシン]:心不全治療薬

ハーフジゴキシン[ジゴキシン]は心不全で使用される治療薬です。

心不全とは、簡単に言うと、心臓のポンプ機能が低下することで、全身にうまく酸素を供給できない疾患です。

そのため、血液の巡りが悪くなるうっ血状態を示すことが多くなります。

体循環と肺循環

心臓は、4つの部屋[右心房、右心室、左心房、左心室]に分かれています。

心房は静脈から血液を受け取る部屋、心室は動脈へ血液を送り出すポンプ機能を持つ部屋です。

肺循環体循環

血液は、上大静脈と下大静脈→右心房→右心室→肺動脈→肺→肺静脈→左心房→左心室→大動脈→全身→上大静脈と下大静脈→…という順に循環しています。

心不全の原因による分類と症状

心不全の原因は心室の異常がほとんどです。

原因が左心室であるものを左心不全、右心室であるものを右心不全といいます。

左心不全
大動脈への血液量が少なくなる→大動脈血流の低下→冷え尿量の低下
肺静脈からの血液が多すぎて受け取ることができなくなる(うっ血)→呼吸困難
右心不全
肺動脈への血液量が少なくなる→肺動脈血流の低下→低酸素脳症
大静脈からの血液が多すぎて受け取りことができなくなる(うっ血)→浮腫腹水

左心不全    右心不全

心不全の治療

従来、心不全とは、心筋の収縮性に異常があるため、十分な血液を押し出せないと考えられていました。

しかし、最近は心筋の収縮性に異常はなくても、心室の拡張性に異常を認めるケースの心不全が多いことがわかりました。

心室の拡張性に異常を与える原因としては、

  • 慢性圧負荷
  • 神経体液因子の亢進により生じる心室リモデリング(心肥大・心拡大)
  • 心筋線維化
  • 心内膜下虚血
  • 心筋細胞内カルシウム動態の異常

等が挙げられています。

また、心不全で入院する患者さんは、塩分制限や水分制限が守れてないことが多いとされています。

心室の拡張性の異常を抑制し、心不全の予後を改善することが最近の慢性心不全治療の中心となっています。 

ハーフジゴキシン[ジゴキシン]の作用機序、特徴

心不全とは、心筋の収縮力が低下することによって、血液が十分に行き渡らないことが原因であると考えられていました。

そのため、心筋の収縮力を改善する薬=強心薬[強心配糖体]が古くから使用されています。

強心薬の中で、代表的な薬がジゴシンです。

しかし、ジゴシンは安全域[治療域と中毒域の差が小さい]の狭い薬であるため、より細かく調節できる薬が望まれていました。

ジゴシンの半分量のジゴキシンを含む製剤が、ハーフジゴキシンKY錠0.125です。

2015年には、さらに半分量のジゴキシン錠0.0625「KYO」が発売されています。

ハーフジゴキシンは、ジゴシン同様、心筋のNa+、K+-ATPaseという、Na+とK+の交換を抑制します。

その結果、心筋の細胞中にNa+が留まり、心筋の細胞外にK+が留まります。

心筋NaKATPase

心筋のNa+を調節するポンプは、Na+-Ca2+交換系と呼ばれるものがもうひとつ存在します。

Na+-Ca2+交換系の働きが亢進することによって、心筋細胞内のCa2+濃度が上昇し、心筋の収縮が起こるのです。

ハーフジゴキシン作用機序

やっくん

やっくん

ハーフジゴキシン[ジゴキシン]は、Na+、K+-ATPaseを阻害することで、心筋細胞内のCa2+濃度を上昇させ、心筋の収縮力を高めることで心不全症状を改善します。

ハーフジゴキシンが死亡率を上昇させる?

ハーフジゴキシンは、心不全に対して以前はよく使用されていましたが、最近では、予後の改善を認めないことや、死亡率が逆に高くなってしまったという報告があるため、使用される頻度が減ってきています。

ハーフジゴキシンの代わりに、ACE阻害薬ARBβ遮断薬などの神経体液因子に作用する薬が使用されるようになっています。

ハーフジゴキシン[ジゴキシン]の副作用

ハーフジゴキシン[ジゴキシン]は、心不全の治療薬として、2002年に発売された薬です。

重大な副作用としては、ジギタリス中毒、非閉塞性腸間膜虚血が挙げられます。

ジギタリス中毒では、高度の徐脈、二段脈、多源性心室性期外収縮、発作性心房性頻拍等の不整脈が現れることがあります。

高齢者、腎機能低下患者、低カリウム状態の際、ジギタリス中毒により注意しなければなりません。

ハーフジゴキシン[ジゴキシン]の禁忌

  • 房室ブロック、洞房ブロック[刺激伝導系を抑制し、これらを悪化させることがあります。]
  • ジギタリス中毒[中毒症状が悪化します。]
  • 閉塞性心筋疾患(特発性肥大性大動脈弁下狭窄等)
    [心筋収縮力を増強し、左室流出路の閉塞を悪化させることがあります。]
  • ノックビン(ジスルフィラム)、シアナマイド(シアナミド)
  • カルシウム注射剤、レラキシン(スキサメトニウム)

スポンサーリンク

人気のページ

薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました

薬剤師薬学生LINEスタンプ

Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)