ブイフェンド[ボリコナゾール]作用機序、特徴、副作用

2017年12月4日

水虫薬イラスト

スポンサーリンク

ブイフェンド[ボリコナゾール]:アゾール系抗真菌薬

ブイフェンド[ボリコナゾール]は、カンジダなど真菌に対する治療薬として使用されています。

真菌は、細菌・ウイルスとは全くの別物になります。

細菌・ウイルスとは?

細菌とウイルスでは、構造が全く異なるため増殖過程も異なります。

細菌 ウイルス
構造

細菌構造

細胞質+細胞膜+細胞壁

ウイルス構造

核酸+タンパク質の外壁

大きさ 1μm 1/1000μm
増殖過程 自分の力で増殖
[栄養環境でないと生きられない]
生物に寄生して増殖
[環境の影響を受けにくい]
薬物療法 抗生物質[抗菌薬] 抗ウイルス薬


細菌の構造は、真ん中に核を持ち、核は細胞質、細胞膜、細胞壁に覆われており複雑です。

タンパク質の合成に必要なリボソームや小胞体、エネルギー代謝に必要なミトコンドリアを持つものもあります。

ウイルスの構造は、真ん中に核を持ち、核はカプシドと呼ばれるタンパク質の殻とエンベロープと呼ばれる膜に覆われているのみであり単純です。

このように、複雑な構造をしている細菌は自分の力で数を増殖することが可能ですが、単純な構造をしているウイルスは誰かの力を借りなければなりません。

例えば食中毒の原因菌のひとつである腸炎ビブリオとノロウイルスを比較してみましょう。

条件:常温で24時間放置

細菌ウイルス違い

  • 腸炎ビブリオ[細菌]→約1億個まで増殖します。
  • ノロウイルス[ウイルス]→1個のままです。

よって、細菌による感染症の対策とウイルスによる感染症の対策は別物として考える必要があるのです。

それでは、真菌についてはどうでしょうか?
実は真菌の方がさらに複雑な構造をしているのです。

ミトコンドリア
小胞体・ゴルジ体
細胞骨格 細胞膜 細胞壁 増殖
細菌 核膜なし
単一染色体
なし なし 脂質二重層 ペプチドグリカン 単純2分裂
真菌 核膜あり
複数の染色体
あり 微小管 エルゴステロール β-グルカン
キチン
有糸分裂

真菌は真核細胞に分類され、カビや酵母・キノコなどが分類されています。

感染症とは?

私たちの身の回りには、さまざまな細菌やウイルスなどの微生物が潜んでいます。
しかし、これらの微生物にすぐに感染するかと言うとそうではないですよね。
感染が成立するには、抵抗力と感染力どちらが強いかが重要になってきます。

抵抗力感染力

新生児や高齢者は抵抗力が弱いため、少量の細菌やウイルスで感染してしまいます。

抗生物質や抗ウイルス薬、抗真菌薬では、微生物そのものを死滅させる作用を持つもの、微生物の増殖過程を阻害するものに分かれます。

抵抗力が弱くなり微生物がかなり増殖した状態で薬を飲んでも効果がない場合がありますので、注意しましょう!

ブイフェンド[ボリコナゾール]の作用機序、特徴

ひと昔前は、結核菌など感染症にかかってしまっても対症療法しか選択できず、多くの患者が命を落としていました。

感染症の治療薬として、ペニシリンが発見されて以降多くの抗菌薬[抗生物質]が開発されています。

ブイフェンドは、尿路や消化管真菌症、カンジダなどに対して使用される抗真菌薬です。

ブイフェンドは真菌の細胞膜に対して静菌的に作用します。

細菌の細胞膜が脂質二重層からなるのに対し、真菌の細胞膜はエルゴステロールからできています。

エルゴステロールは、アセチルCoA、メバロン酸、スクアレン、ラノステロールを経て合成されます。

ブイフェンドの作用機序は、ラノステロールからエルゴステロールが合成される際に必要な酵素を阻害することによります。

エルゴステロール合成酵素[14α位脱メチル酵素]であるP450を阻害することで、エルゴステロールの生合成を阻害するのです。

ブイフェンド作用機序

やっくん

やっくん

ブイフェンド[ボリコナゾール]は、エルゴステロール合成酵素を阻害することで、真菌の細胞膜合成過程を阻害し、抗真菌作用を示すと考えられています。

造血幹細胞移植(HSCT)患者へのブイフェンド予防投与

白血病や再生不良性貧血などの治療で、造血幹細胞移植(HSCT)を行った患者は拒絶反応防止のために強い免疫抑制状態にあります。

そのため、健常者ではかからないような疾患にも容易に感染するため、感染症の予防や対策が重要となります。

中でも真菌感染症であるアスペルギルス症は、約50%という高い死亡率であったことが報告されているため抗真菌薬の予防投与がガイドラインでも推奨されています。

一般的には、フルコナゾール製剤であるジフルカンが推奨されますが、欧米においてはボリコナゾール製剤であるブイフェンドがより有効であったとの報告もあります。

日本においては、「造血幹細胞移植患者における深在性真菌症の予防」として2015年に承認されました。

ブイフェンド[ボリコナゾール]の副作用

ブイフェンド[ボリコナゾール]は、難治性深在性真菌症の治療薬として、2004年に承認された薬です。

主な副作用としては、肝機能異常[6.5%]、肝障害[3.4%]、羞明[1.6%]、γ-GTP増加[1.6%]、ALP増加[1.2%]、幻覚[1.2%]、腎障害[1.1%]、発疹[1.0%]、視覚障害[1.0%]、AST(GOT)増加[0.7%]、ALT(GPT)増加[0.6%]、霧視[0.6%]、色覚異常[0.6%]などが挙げられます。

ブイフェンドでは、副作用のリスクを考慮する必要があり次の3つが警告されています。

  1. 感染症の治療に十分な知識と経験を持つ医師又はその指導のもとで、重症又は難治性の真菌感染症患者を対象に行うこと。
  2. 重篤な肝障害があらわれることがあるので、投与にあたっては、観察を十分に行い、肝機能検査を定期的に行うこと
  3. 羞明、霧視、視覚障害等の症状があらわれ、本剤投与中止後も症状が持続することがあり、自動車の運転等危険を伴う機械の操作には従事させないように十分注意すること

ブイフェンド[ボリコナゾール]の禁忌

  • リファジン[リファンピシン]
  • ミコブティン[リファブチン]
  • ストックリン[エファビレンツ]
  • ノービア、カレトラ[リトナビル]
  • テグレトール[カルバマゼピン]
  • バルビタール、フェノバルビタール
  • オーラップ[ピモジド]
  • キニジン
  • トリアゾラム[ハルシオン]
  • エルゴタミン[クリアミン]
  • ジヒドロエルゴタミン[ジヒデルゴット]
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人
  • 重度の腎機能障害(クレアチニンクリアランス<30mL/min)
    [重度の腎機能障害者への使用経験は少ない。腎排泄である注射剤の添加物スルホブチルエーテ
    ルβ-シクロデキストリンナトリウム(SBECD)の蓄積により腎機能障害が悪化するおそれがあるので、経口剤の投与を考慮すること。]

スポンサーリンク

人気のページ

薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました

薬剤師薬学生LINEスタンプ

Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)