ペルサンチンL[徐放ジピリダモール]作用機序:狭心症治療薬

2017年12月6日

狭心症薬イラスト

スポンサーリンク

ペルサンチンL[徐放ジピリダモール]:狭心症治療薬

ペルサンチンL[徐放ジピリダモール]は、狭心症や心筋梗塞など虚血性心疾患の発作改善、予防に使用される治療薬です。

虚血性心疾患とは、心筋内に血液が循環しない心筋虚血を呈する疾患です。

これは、心筋に血液を送る冠動脈が狭窄・閉塞することによって起こります。

酸素供給が一過性に不足した状態を狭心症[いわゆる酸欠状態]、さらに病態が進行し冠動脈が閉塞した状態を心筋梗塞[いわゆる壊死状態]といいます。

狭心症は3つのタイプに分かれます。

労作性狭心症:
坂道を歩いたり、階段を上ったりといった運動によって酸素消費量が増え発症します。
主に動脈硬化が原因です。
安静時狭心症:
寝ているときなどに、血管がけいれんすることによって酸素供給量が減り発症します。
異型狭心症:
発作時ST上昇を伴う、強く長い胸痛を伴う狭心症です。

ペルサンチンL[徐放ジピリダモール]の作用機序、特徴

狭心症発作時は、数分~数十分の胸痛を伴うため、発作治療薬と発作予防薬に分かれます。

これらは、狭くなってしまった血管を広げて酸素供給量を増やしたり、心機能の働きを抑制して酸素消費量を減らす薬が使用されます。

狭心症治療薬

狭心症治療薬の中で、血管の拡張に働くアデノシンの量を増やす薬のひとつがペルサンチンLです。

血管の収縮は、血管平滑筋にあるCaチャネルやアデノシン受容体が重要な役割を果たしています。

アデノシンは、cAMP量を増やし、プロテインキナーゼの活性化、血管拡張作用を示します。

アデノシン血管拡張作用

ペルサンチンLは、アデノシンの分解抑制・アデノシンの赤血球への取り込みを抑制することで、アデノシンの増加に働き、血管の拡張に働きます。

Lは1日1回徐放型のため作用時間の延長=Longが由来となっています。

ペルサンチンL作用機序

やっくん

やっくん

ペルサンチンL[徐放ジピリダモール]は、アデノシンの増加に働くことで、血管を拡張させ、酸素の供給量を増やし、酸素消費量を減らします。

ペルサンチンL[徐放ジピリダモール]の副作用

ペルサンチンL[徐放ジピリダモール]は、狭心症、心筋梗塞など虚血性心疾患の治療薬として、1962年に発売された薬です。

主な副作用としては、頭痛[6.59%]、悪心・嘔気[0.97%]、嘔吐[0.63%]、頭重感[0.37%]などが挙げられます。

ペルサンチンL[徐放ジピリダモール]の禁忌

  • 特になし

スポンサーリンク

人気のページ

薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました

薬剤師薬学生LINEスタンプ

Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)