デュロテップMTパッチ[フェンタニル]作用機序、特徴、副作用

2017年12月7日

けいれん薬イラスト

スポンサーリンク

デュロテップMTパッチ[フェンタニル72時間]:癌疼痛治療薬

デュロテップMTパッチ[フェンタニル72時間]は、がん性疼痛に使用される治療薬です。

NSAIDsやカロナールなどの鎮痛薬で効果が不十分な方に使用されます。

がん性疼痛の治療方法

がん、またはがんの治療において痛みは肉体的・精神的にもつらいものになります。

がん患者に生じる痛みは次の3つに分類分けされます。

  1. がんによる痛み:腫瘍による圧迫や内臓痛
  2. がん治療による痛み:放射線治療や化学療法による痛み
  3. がん・がん治療と直接関連性のない痛み:腰痛や関節痛など

がん性疼痛とは1のがんによる痛みを指します。

痛みが軽度の場合は、非オピオイド鎮痛薬(カロナール[アセトアミノフェン]セレコックス[セレコキシブ]などのNSAIDs)が使用されます。

これら非オピオイド鎮痛薬で効果が不十分、あるいは中等度以上の痛みがある患者にオピオイドを投与します。

オピオイドとは、

  • コデイン
  • モルヒネ
  • トラマドール
  • オキシコドン
  • フェンタニル

が該当します。

がん性疼痛の治療目標

がん性疼痛の治療目標は3段階あります。

1段階目:痛みによって眠りを妨げられることなく、快眠できる
2段階目:安静時は痛みを感じない
3段階目:身体を動かしても痛みを感じない

現在自分がどの段階かを把握し、そのひとつ上の段階を目指します。

例えば、2段階目の安静時は大丈夫な場合は、身体を動かしても痛くない状態が治療目標となります。

デュロテップMTパッチ[フェンタニル72時間]の作用機序、特徴

私たちが痛みを感じたり、発熱・炎症を起こすのは、プロスタグランジンブラジキニンサブスタンスPの生成が原因です。

これらは、脳から痛みが伝わることで、生成・遊離・作用します。

そのため、解熱鎮痛薬を含む抗炎症薬は、プロスタグランジンやブラジキニンの生成・作用を阻害することを目的としています。

一方で、痛みが伝わるには、末梢[刺激]→脳→末梢[痛み]へと神経を介して情報を伝達します。

末梢[刺激]→脳への伝達を上行性伝導路、脳→末梢[痛み]への伝達を下行性伝導路と言います。

痛み伝達

デュロテップMTパッチは通常の解熱鎮痛薬とは異なる機序で上行性・下行性伝導路の抑制に働く、より強力な鎮痛薬です。

デュロテップMTパッチは、麻薬性鎮痛薬であり、主にオピオイドμ受容体に作用することで鎮痛効果を示します。

オピオイドμ受容体に作用すると、上行性伝導路の抑制に加え、延髄-脊髄間の下行性伝導路を抑制しサブスタンスPやグルタミン酸といった発痛物質の遊離を抑制するのです。

デュロテップMTパッチ作用機序

やっくん

やっくん

デュロテップMTパッチ[フェンタニル72時間]は、オピオイドμ受容体に作用することで、発痛物質の遊離、上行性・下行性伝導路を抑制し、痛みの伝達を抑制します。

デュロテップMTパッチ[フェンタニル72時間]の副作用

デュロテップMTパッチ[フェンタニル72時間]は、がん性疼痛の治療薬として、2008年に発売された薬です。

主な副作用としては、嘔気[24.25%]、傾眠[22.44%]、便秘[18.24%]などが報告されています。

オピオイドの副作用について

オピオイドの主な副作用を挙げましたが、オピオイドの効果を求めるにあたってほとんどの方に生じる副作用になります。

投与初期には便秘悪心・吐き気が生じます。

便秘に対してはプルゼニドカマグなどの便秘薬が、悪心・吐き気に対してはノバミンがよく使用されます。

2週間ほどで身体が慣れてくるため、ノバミンは飲み続ける必要はなく短期的に使用される場合が多いです。

オピオイド副作用レベル眠気

また、オピオイドの服用時に一番注意しなければならない副作用は眠気とせん妄です。

オピオイドの重篤な副作用に呼吸抑制がありますが、眠気やせん妄はその前兆であるとされています。

ここでいう眠気は、ウトウトしたり、夜中寝れてないために日中に起こる眠気とは異なります。

投与初期は、痛みが取れてぐっすり眠れたりと問題ない眠気が生じます。

しかし、オピオイド増量時に起こる「引きずり込まれるような不快な眠気」については、過量投与の可能性があるため薬の減量や中止・変更を考慮しなければなりません。

オピオイドの中でもデュロテップMTパッチなどのフェンタニル製剤は、眠気や便秘などの副作用が少ないことが知られています。

その一方で、目に見える副作用が生じにくいことから、呼吸抑制の発現により注意しなければなりません。

デュロテップMTパッチ[フェンタニル72時間]の使用時の注意点

デュロテップMTパッチを貼付した後、貼付部位の温度に注意しなければならないと警告されています。

貼付部位の温度が高くなると、フェンタニルの放出量が増加するためです。

これにより過量投与となり死に至る危険性があります。

よって、長時間の入浴や、こたつ・電気ストーブなどの熱源への接触を避けなければなりません。

デュロテップMTパッチ[フェンタニル72時間]の禁忌

  • 特になし

スポンサーリンク

人気のページ

おすすめ求人情報

求人バナー

薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました!

薬剤師薬学生LINEスタンプ

Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)