アデホスコーワ、ATP[アデノシン三リン酸]作用機序、副作用

2017年12月6日

けいれん薬イラスト

スポンサーリンク

アデホスコーワ、ATP[アデノシン三リン酸]:めまい治療薬

アデホスコーワ、ATP[アデノシン三リン酸]は、メニエール病及び内耳障害に基づくめまいに使用される治療薬です。

めまいの種類は、

  • 周りや自分が回転する回転性めまい
  • 身体がフワフワした感じの動揺性めまい
  • 突然ふらつく突発性めまい

にわかれます。

めまいの原因は、耳や脳、血圧の変動など3つのタイプに分かれます。

◆耳が原因のめまい:
耳石が三半規管に入ってしまったり[良性発作性頭位]、内耳中の液体=内リンパ液が増え耳を圧迫したり[メニエール病]、平衡感覚を脳へ伝える前庭神経に炎症が起こる[前庭神経炎]ことなどが原因です。
◆脳が原因のめまい:
脳梗塞や脳出血、脳と首の間の椎骨動脈の循環不全、前庭神経や脳の腫瘍が原因です。
◆血圧の変動が原因のめまい:
座っている状態から立ち上がる際に起こる起立性低血圧が原因です。

アデホスコーワ、ATP[アデノシン三リン酸]の作用機序、特徴

めまいは、耳と脳の間の伝達に何かしら異常が生じ起こります。

この異常は、耳石や内リンパの増加、血液循環不全などによって起こります。

めまいの治療薬の中で、血管に対して作用する薬のひとつがアデホスコーワ、ATPです。

アデホスコーワ、ATPは、その名の通りATP=アデノシン三リン酸が有効成分です。

ATPはエネルギー源としても働きますが、血管拡張の薬理作用も持ち合わせています。

アデホスコーワ、ATP作用機序

やっくん

やっくん

アデホスコーワ、ATP[アデノシン三リン酸]は、ATPの働きで血管を拡張することにより、めまい症状を緩和します。

アデホスコーワ、ATP[アデノシン三リン酸]の副作用

アデホスコーワ、ATP[アデノシン三リン酸]は、頭部外傷後遺症や心不全の改善薬として、1964年に発売された薬です。

メニエール病及び内耳障害に基づくめまいについては、1988年に追加承認されています。

主な副作用としては、胃腸障害、悪心、そう痒感などが報告されています。

アデホスコーワ、ATP[アデノシン三リン酸]の禁忌

  • 特になし

スポンサーリンク

人気のページ

薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました

薬剤師薬学生LINEスタンプ

Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)