クロザリル[クロザピン]作用機序、副作用、特徴

このエントリーをはてなブックマークに追加   

クロザリル[クロザピン]:統合失調症治療薬

怒りイラスト

 

クロザリル[クロザピン]は、他の統合失調症治療薬でが効果が得られない、治療抵抗性統合失調症の治療薬として使用されています。

 

比較的若い世代でも見られる幻覚や妄想などの陽性症状を示すのが統合失調症です。
この統合失調症ですが、現時点で原因やメカニズムは明らかになっていません。

 

統合失調症の原因のひとつは、脳内のドパミンが過剰放出されることです。
これをドパミン仮説といいます。

 

健康ドパミン

 

統合失調症原因ドパミン

 

また、グルタミン酸がうまく働かなかったり[グルタミン酸仮説]、セロトニンが働きすぎたりといったことも原因のひとつです。

 

ドパミンやグルタミン、セロトニンといった神経伝達物質に異常が生じることで、統合失調症では陽性症状と陰性症状を生じます。

 

陽性症状:主観的な症状を指します。
      →幻覚、思考障害、妄想などです。
陰性症状:客観的な症状を指します。
      →自閉性、無関心、意欲の減退などです。

 

これら陽性症状、陰性症状を改善するため、統合失調症の治療に使用される薬を抗精神病薬といいます。

 

統合失調症の治療薬は、従来型の定型抗精神病薬と新しいタイプの非定型抗精神病薬に分かれます。

 

クロザリル[クロザピン]の作用機序、特徴

統合失調症は上述の通り、脳内ドパミンの過剰放出が原因とされています。

 

そのため、ドパミン受容体の遮断作用のある薬[D2受容体遮断薬]が使用されてきました。
このときに使用されたD2受容体遮断薬、これを従来型の定型抗精神病薬といいます。

 

代表的な薬に、セレネース[ハロペリドール]コントミン[クロルプロマジン]ドグマチール[スルピリド]などが挙げられます。

 

しかし、この定形抗精神病薬では、D2受容体の遮断作用により、統合失調症の陽性症状は改善できるのですが、陰性症状にはあまり働きませんでした。
また、副作用である、錐体外路症状(EPS)も高い確率で発症しました。

 

これらの欠点を改善した薬が、D2受容体の遮断作用に加え、5‐HT2受容体遮断作用を持つ、セロクエルジプレキサなどの非定型抗精神病薬です。

 

クロザリルは、詳細な作用機序はわかっていませんが、古くから使用されていた統合失調症治療薬です。
しかし、無顆粒球症の副作用が問題となり一時は使用が中止されていました。

 

現在は、これら非定型抗精神病薬でも十分な効果が得られない場合に使用する統合失調症治療薬です。

 

やっくん

クロザリル[クロザピン]は、D2受容体の遮断作用に依存せず、中脳辺縁系ドパミン神経系に対する選択的抑制作用を示すと考えられています。

 

クロザリル[クロザピン]の副作用

クロザリル[クロザピン]は、他の統合失調症治療薬でが効果が得られない、治療抵抗性統合失調症の治療薬として、2009年に販売された比較的新しい薬です。

 

代表的な副作用としては、傾眠[63.6%]、悪心・嘔吐[48.1%]、流涎過多[46.8%]、便秘[33.8%]、頻脈(洞性脈を含む)[26.0%]、振戦[19.5%]、体重増加[18.2%]などが挙げられます。

 

クロザリルは、無顆粒球症、心筋炎、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡など重篤な副作用が他薬よりも高い割合で発生するため、血液検査などでクロザリル患者モニタリングサービス[CPMS]を行うよう定められています。

 

クロザリル[クロザピン]の禁忌

  • CPMSへの患者登録前( 4週間以内)の血液検査で、白球数が 4000/mm3未満又は好中球数が2000/mm3未満
  • CPMSの規定を遵守できない
  • CPMSで定められた血液検査の中止基準により、本剤投与を中止したことがある
  • 無顆粒球症又は重度の好中減少既往歴
  • 骨髄機能障害
  • 骨髄抑制を起こす可能性のある薬剤、放射線療法 、化学骨髄抑制を起こす可能性のある薬剤
  • 持効性抗精神病剤(ハロペリドールデカン酸エステ注射液、フルフェナジデカン酸エステル注射液 、リスペリドン持効性懸濁注射液、パリペリドンパルミチン酸エステル持効性懸濁注射液)
  • 重度の痙攣性疾患又は治療により十分な管理がされいないてんかん
  • アルコー又は薬物による急性中毒、昏睡状態
  • 循環虚脱状態又は中枢神経抑制状態
  • 重度の心疾患(筋炎等)
  • 重度の腎機能障害
  • 重度の肝機能障害
  • 麻痺性イレウスの患者
  • アドレナリン、ノルアドレナリン

 

クロザリルの特徴:糖尿病患者に原則禁忌の理由

セロクエルやジプレキサ、エビリファイと同様、クロザリルを投与した際に、高血糖を引き起こす副作用が報告されています。

 

なぜ、高血糖を引き起こすのか?
この理由について、はっきりと機序はわかっていません。

 

しかし、非臨床試験においては、インスリン抵抗性に関与しているという報告があるため、インスリン抵抗性に働いて高血糖を引き起こすため、糖尿病患者さんには禁忌となっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ


Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ


TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職