アイファガン[ブリモニジン]作用機序、特徴、副作用

2017年12月6日

目薬イラスト

スポンサーリンク

アイファガン[ブリモニジン]:緑内障治療薬

アイファガン[ブリモニジン]は緑内障の治療に使用される治療薬です。

緑内障は、眼の神経が障害されることで視野が狭くなり、重症の場合は失明してしまう眼の疾患です。

緑内障の患者は従来、眼圧の上昇が原因で視野が狭くなると考えられてきました。

しかし、現在では緑内障の中でも眼圧が正常な正常眼圧緑内障が最も多いと報告されています。

緑内障分類

これら緑内障は、初期症状に気づきにくく、症状を自覚する頃にはかなり病態が進行していると言われています。

緑内障症状

また、急激に眼圧が上がる緑内障発作を起こすと、眼痛や霧視、頭痛、嘔吐など眼以外にも症状が現れます

緑内障の原因

緑内障の原因は、はっきりとはわかっていませんが、眼房水と呼ばれる栄養を運ぶ水が眼の中に必要以上に溜まることが原因のひとつと言われています。

眼房水がたくさん作られる、あるいは上手く排泄できないと眼圧の上昇や視神経の圧迫を引き起こします。

緑内障原因

また、糖尿病やステロイド薬によっても緑内障が誘発されることもわかっています。

アイファガン[ブリモニジン]の作用機序

緑内障の原因ははっきりとわかっていませんが、緑内障の治療では、眼圧を下げることが非常に効果的ということがわかっています。

眼圧の上昇は、前述のとおり、眼房水が大量に産生されたり、うまく排泄できないことが原因です。

そのため、緑内障の治療薬は主に眼房水の排出促進薬産生抑制薬に分かれます。

アイファガンは、眼房水の産生を抑制する作用、および、眼房水の排出促進作用があるため、緑内障の治療薬として使用されます。

アイファガンは、α2受容体刺激薬です。

なぜ、α2受容体を刺激すると、眼圧が下がるかは現時点でははっきりとわかっていません。

しかし、α2受容体を刺激することで、眼房水の産生を抑制し、ぶどう膜強膜流出経路からの眼房水排泄を促進する作用が認められています。

アイファガン作用機序

やっくん

やっくん

アイファガン[ブリモニジン]は、α2受容体を刺激することで、眼房水の産生を抑制、排出を促進します。

アイファガン[ブリモニジン]の特徴

特徴①:視神経保護作用

アイファガンは、アメリカでは1996年から長期に使用されている安全性の高い緑内障治療薬です。

眼圧低下作用のみでなく、視神経保護作用があるとも言われており、緑内障による視野狭窄の進行も遅らせる効果が期待できます。

特徴②:防腐剤に亜塩素酸ナトリウム

これまでの点眼薬では、消毒薬成分であるベンザルコニウム塩化物が一般的に使用されてきました。

しかし、ベンザルコニウム塩化物は局所症状が強く眼に悪影響を及ぼしやすいことがわかっています。

アイファガン点眼液は、防腐剤として副作用の生じにくい亜塩素酸ナトリウムを日本で初めて取り入れた点眼薬です。

アイファガン[ブリモニジン]の副作用

アイファガン[ブリモニジン]は、他の緑内障治療で効果不十分又は副作用等で使用できない緑内障の治療薬として、2012年に発売された薬です。

主な副作用としては、
結膜炎[8.56%]、点状角膜炎[6.76%]、眼瞼炎[4.50%]、結膜充血[3.83%]、眼そう痒症[2.25%]、眼の異常感[1.13%]、接触性皮膚炎[0.90%]などが報告されています。

また、全身性の副作用である、めまいや頭痛、低血圧によるふらつきなどにも注意が必要です。

アイファガン[ブリモニジン]の禁忌

  • 低出生体重児、新生児、乳児又は2歳未満の幼児

スポンサーリンク

人気のページ

薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました

薬剤師薬学生LINEスタンプ

Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)