ガナトン[イトプリド]作用機序、特徴、副作用

2017年12月5日

腹痛イラスト

スポンサーリンク

ガナトン[イトプリド]:胃腸運動改善薬

ガナトン[イトプリド]は、慢性胃炎に伴う、悪心や嘔吐、胸やけなど消化器症状の治療薬として使用されている薬です。

慢性胃炎は、攻撃因子と粘膜防御因子のバランスが崩れていることが原因です。

攻撃防御因子

攻撃因子:胃酸、ペプシン、喫煙、ストレス、ピロリ菌など
防御因子:粘液、粘膜血流、プロスタグランジンなど

 

胃潰瘍では、防御因子の減弱、慢性胃炎や十二指腸潰瘍では攻撃因子の増強が主な原因です。

慢性胃炎、胃・十二指腸潰瘍、逆流性食道炎の治療薬では、これら攻撃因子や防御因子に対して働きます。

やっくん

やっくん

慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍の治療には、胃酸による胃や十二指腸への攻撃を防ぐ薬や、粘膜の防御を高める薬が使用されます。

ガナトン[イトプリド]の作用機序、特徴

胃酸にペプシン、NSAIDsといった薬からの攻撃を守るために、胃の防御機構を高める薬はいくつかあります。

  • 胃粘膜保護作用にあるプロスタグランジンの合成を促進する薬
  • 胃の粘液を増やす薬
  • 胃粘膜の血流を高める薬

などが使用されます。

胃薬はこれらの作用を複数持ちあわせた薬が良く使用されます。

ガナトンの作用は少し変わっており、胃腸運動を促進する胃薬です。

胃腸運動の促進による胃の保護作用とは、攻撃因子と胃粘膜の接触時間が短くなることをイメージすれば理解しやすいかと思います。

ガナトンは、D2受容体の遮断作用に加え、コリンエステラーゼ阻害作用から、アセチルコリンの分泌促進・分解阻害により、副交感神経を亢進し、胃腸運動を活発にします。

ガナトン作用機序

やっくん

やっくん

ガナトン[イトプリド]は、D2受容体を遮断することで、アセチルコリンの分泌を促進し、コリンエステラーゼを阻害することで、アセチルコリンの分解を抑制するという2つの作用から、胃腸運動の改善に使用されます。

ガナトン[イトプリド]の副作用

ガナトン[イトプリド]は、悪心や嘔吐、胸やけなどの消化器症状の治療薬として、1997年に発売された薬です。

主な副作用としては、下痢[0.22%]、腹痛[0.14%]、便秘[0.14%]、AST(GOT)上昇[0.14%]、ALT(GPT)上昇[0.14%]などが挙げられます。

ガナトン[イトプリド]の禁忌

  • 特になし

スポンサーリンク

人気のページ

薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました

薬剤師薬学生LINEスタンプ

Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)