グルカゴンGノボ注射[グルカゴン]作用機序、特徴、副作用

2017年12月5日

腹痛イラスト

スポンサーリンク

グルカゴンGノボ注射[グルカゴン]:胃腸運動機能抑制薬

グルカゴンGノボ注射[グルカゴン]は、内視鏡検査時にの前処置に使用される薬です。

内視鏡検査の際、より正確な検査結果を得るために前処置が行われます。

  • 胃の中にガスでできた泡の除去
  • 胃の粘液の除去
  • 胃の運動を抑制

などが前処置として行われます。

グルカゴンGノボ注射[グルカゴン]の作用機序、特徴

グルカゴンGノボ注射は、胃腸運動を抑制する作用を持ち、内視鏡検査の前処置に使用されます。

内視鏡の検査時に、胃腸運動が活発であると、正確な検査ができません。

詳細な作用機序は不明ですが、胃腸運動を一時的に抑制することを目的に使用されています。

静脈内注射の場合は15~20分、筋肉内注射の場合は25分の作用時間があるとされています。

やっくん

やっくん

グルカゴンGノボ注射[グルカゴン]は、直接消化管の平滑筋に作用することで、消化管の過剰な運動を抑制します。

グルカゴンGノボ注射[グルカゴン]の副作用

グルカゴンGノボ注射[グルカゴン]は、X線や内視鏡の前処置に使用する薬として、1996年に発売された薬です。

主な副作用としては、白血球増多(症)[0.62%]、嘔気[0.58%]、白血球分画の変動[0.41%]、嘔吐[0.25%]、高血糖[0.16%]、尿糖[0.14%]、頭痛[0.14%]、倦怠感[0.10%]などが挙げられます。

グルカゴンGノボ注射[グルカゴン]の禁忌

  • 褐色細胞腫
    [グルカゴンの薬理作用のひとつとしてカテコールアミンの分泌を刺激・促進する作用があるため、グルカゴン投与により高血圧症を悪化させる危険性があります。]

スポンサーリンク

人気のページ

薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました

薬剤師薬学生LINEスタンプ

Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)