在宅医療が推進・求められる理由

このエントリーをはてなブックマークに追加   

在宅医療の実際:患者のメリット

在宅医療,推進,理由

 

在宅医療は、患者さんにとってさまざまなメリットを持っています。

 

一番のメリットは、入院や外来ではなく慣れ親しんだ自宅で治療を受けられるという点です。

 

高齢者にとって病院やクリニックに足を運ぶことは、家族の介助が必要であったり、一人の場合は転倒のリスクがあります。
また、入院することを毛嫌いする患者さんは多いです。

 

医師・看護師・薬剤師が定期的に訪問し、体調管理をしてくださるということは、患者さんにとって非常に便利です。
実際にお薬をお持ちする際も、

 

 

在宅医療の声

 

いつも薬を届けてくれてありがとう!


在宅医療の声

 

わざわざ、ありがとう!
助かるよ~☆


 

といったお言葉を多く頂きます。

 

さらにこういった感謝の気持ちは、患者さんだけでなくそのご家族さんからも頂きます。
患者さんよりも多いくらいです。

 

在宅医療では、患者さんの最終的な看取りをすることもありますが、病院ではなく自宅や介護施設で看取りができるというところも患者さんのご家族からは非常に評価されています。

 


在宅医療が推進・求められている理由:2025年問題

在宅医療ですが、もともとは、入院治療が長引くことによる医療費の高騰を抑制する目的で在宅医療は推進されてきました。

 

最近では、団塊の世代が75歳以上となる2025年問題を解決するための政策としても、在宅医療が推進されています。
2025年問題とは、5人に1人が75歳以上の超高齢者に、3人に1人が65歳以上の高齢者になる年です。

 

2025年問題 

 

医療費は現在も年々増加しています。
2012年で年間35兆円だった医療費が、2025年には年間54兆円になると試算されています。

 

消費税による税収が10~15兆円であることを考えると、莫大な金額であることがお分かりいただけるでしょう!

 

そこで政府は、医療費を削減するためのひとつの政策として在宅医療を掲げたのです。

 

なぜ、在宅医療を推進すれば医療費が削減されるのか見てみましょう!

 

病院・薬局が在宅医療を推進する理由:入院費の抑制、DPC制度

在宅の患者が増えると必然的に入院患者が減ることになります。

 

つまり、入院にかかる医療費が非常に高かったのです。
これは、諸外国の入院日数を見てもわかります。

 

日本の平均入院日数は、約31日[2012年]と発表されています。
同じ医療先進国であるアメリカ約6日イギリス約9日と1/3~1/5ほどの日数なのです。

 

◆国別の平均入院日数

日本

アメリカ

イギリス

ドイツ

フランス

スウェーデン

31.2

6.1

7.2

9.2

9.1

5.8

[単位:日]

厚生労働省:医療保障制度に関する国際関係資料について
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/
iryouhoken11/index.html

 

そこで、政府は入院の長期化を抑制するために、病院にDPC[診断群分類別包括制度]の導入を促したのです。

 

入院費抑制のために在宅医療へシフト:DPC包括制度とは?

病院が在宅医療へシフト理由の一つにDPC包括制度があります。薬局薬剤師にはあまり馴染みのない言葉なので、一度確認してみましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加   

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ



Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ

合わせて読みたいページ

在宅医療とは?
入院費抑制のために在宅医療へシフト:DPC包括制度とは?
薬剤師の居宅療養管理指導と在宅患者訪問薬剤管理指導の違い
薬局における在宅医療の仕事内容・訪問診療[往診同行]の流れ
在宅医療で薬局薬剤師が学べること-門前調剤薬局との違い-
介護保険とは?誕生した経緯、理由、仕組み、対象者は?
介護保険の使い方、申請・要介護・要支援認定・ケアプランとは?
介護保険改正の流れ:2000年~2015年まで
2015年介護保険改正の概要と9つのポイント
2025年問題に向けて将来介護保険制度はどう改正されるか?
白血球数[WBC]の基準値:多い、少ない、薬の副作用
ヘモグロビン[Hb]の基準値:多い、少ない、薬の副作用
血小板数[PLT]の基準値:多い、少ない、薬の副作用
プロトロンビン時間[PT-INR]の基準値:ワーファリンとの関係性
アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ[AST・GOT]の基準値:多い、少ない、薬の副作用
アラニンアミノトランスフェラーゼ[ALT・GPT]の基準値:多い、少ない、薬の副作用
アルカリフォスファターゼ[ALP]の基準値:多い、少ない、薬の副作用
γグルタミルトランスペプチダーゼ[γ-GTP]の基準値:高い、低い、薬の副作用
総ビリルビン[T-Bil]の基準値:高い、低い、薬の副作用
クレアチニン[Cr、CRE]の基準値:高い、低い、薬の副作用
推定糸球体濾過量[eGFR]の基準値:高い、低い、薬の副作用
尿素窒素[BUN]の基準値:高い、低い、薬の副作用
シスタチンC[Cys-C]の基準値:高い、低い、薬の副作用
クレアチンキナーゼ[CK]の基準値:高い、低い、薬の副作用
経腸栄養とは?経腸栄養剤の適応と使い分け
胃ろうとは?胃ろうカテーテルの特徴と交換時期について
電解質輸液の一覧表:種類と違い、使い分け
PPNとは?輸液の違い、特徴や留置時間について
TPNとは?輸液の違い、特徴や留置時間について
薬剤師が知っておきたい血圧計の正しい測定方法・使い方
薬剤師が知っておきたい体温計の正しい測定方法・使い方
薬剤師が知っておきたい脈拍の正しい測定方法・薬との関係
薬剤師が知っておきたい酸素飽和度[SpO2]の測定方法
薬剤師が知っておきたい呼吸数・呼吸音の違い、測定方法
薬剤師が知っておきたい意識レベルの低下、評価方法
在宅における不眠症治療-かゆみ、痛み、トイレ、認知症など-
在宅における認知症治療-中核症状、BPSD、三大認知症-
在宅におけるオピオイドと緩和ケア:依存・乱用について
在宅における介護食:低栄養、誤嚥、スマイルケア食について
在宅における脱水の危険性、経口補水液ORSの必要性
在宅医療における訪問歯科診療の役割

TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職