入院費抑制のために在宅医療へシフト:DPC包括制度とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

DPC制度とは?

入院費,抑制,在宅医療,DPC包括制度

 

DPCとは、Diagnostic Procedure Combinationの略であり、診断群分類別包括制度と呼ばれます。

 

とはいっても、診断群分類別包括制度とは何?となりそうなので、もう少しわかりやすく解説しますね。

 

出来高払い制度とDPC[診断群分類別包括制度]

DPCが普及する前は、出来高払い制度が取られていました。

 

出来高払い制度とは、字のごとく患者さんに施した処置や検査、薬の内容によって、治療費を請求する制度です。

 

出来高払い:患者さんのために行った処置・薬=医療費

 

それでは、新しい請求方式のDPC[診断群分類別包括制度]を見てみましょう。
まずは、言葉の定義からです。

診断群分類:

糖尿病、脳梗塞、腎不全など疾患による分類
年齢や症状、重症度などによって2000以上に分類分けされる

 

包括制度:

医療費をまとめて一定額に設定すること

DPC出来高違い

 

つまり、薬を何をどれだけ使ったかやどのような処置をしたかに関係なく、どのような疾患で入院しているかによって、患者さんから請求できる点数を決めましょうという制度です。

 

DPC包括払い:どんな疾患か=医療費

 


DPC制度が入院費の削減に貢献する理由

DPC制度の導入で入院費の削減が可能になりました。

 

というよりは、病院が利益を挙げるためには、入院日数を短くする必要があるというのが実際です。

 

なぜなら、このDPCという制度、入院日数が長くなるにつれて患者さんから請求できるお金が減っていくようになっているのです。

 

DPCとは、疾患によって請求できる金額が異なることは前述しました。
DPC制度は、疾患によってさらに、入院日数が3段階に分けられているのです。

 

DPC入院日数 

 

出来高払いでは、入院日数に関係なく、医療費を請求していました。
しかし、DPC包括払いでは、入院日数が長くなれば利益が低くなります。

 

つまり、なるべく早期に退院させようとなり、漫然とした入院を防ぎ入院日数を短くすることで、医療費の削減に貢献するのです。

 

退院時カンファレンス:入院日数の短縮から在宅医療へシフト

退院時カンファレンス 

 

入院日数を短くしないと病院の経営が悪化することを紹介しました。

 

入院日数が短くなった患者さんはどうなるかというと、在宅医療へシフトするのです。

 

この在宅医療へシフトする際に行われるのが退院時カンファレンスです。

 

患者さんのご家族さんに加え、もともとの病院で担当していた医師、看護師、薬剤師や新たに在宅医療を担当する医師、看護師、薬剤師、ケアマネージャーなどが参加します。

 

この退院時カンファレンスで、これまでの治療経過や今後の治療方針、患者さんのご家族の希望を伺います。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ



Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ

合わせて読みたいページ

在宅医療とは?
在宅医療が推進・求められる理由
薬剤師の居宅療養管理指導と在宅患者訪問薬剤管理指導の違い
薬局における在宅医療の仕事内容・訪問診療[往診同行]の流れ
在宅医療で薬局薬剤師が学べること-門前調剤薬局との違い-
介護保険とは?誕生した経緯、理由、仕組み、対象者は?
介護保険の使い方、申請・要介護・要支援認定・ケアプランとは?
介護保険改正の流れ:2000年~2015年まで
2015年介護保険改正の概要と9つのポイント
2025年問題に向けて将来介護保険制度はどう改正されるか?
白血球数[WBC]の基準値:多い、少ない、薬の副作用
ヘモグロビン[Hb]の基準値:多い、少ない、薬の副作用
血小板数[PLT]の基準値:多い、少ない、薬の副作用
プロトロンビン時間[PT-INR]の基準値:ワーファリンとの関係性
アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ[AST・GOT]の基準値:多い、少ない、薬の副作用
アラニンアミノトランスフェラーゼ[ALT・GPT]の基準値:多い、少ない、薬の副作用
アルカリフォスファターゼ[ALP]の基準値:多い、少ない、薬の副作用
γグルタミルトランスペプチダーゼ[γ-GTP]の基準値:高い、低い、薬の副作用
総ビリルビン[T-Bil]の基準値:高い、低い、薬の副作用
クレアチニン[Cr、CRE]の基準値:高い、低い、薬の副作用
推定糸球体濾過量[eGFR]の基準値:高い、低い、薬の副作用
尿素窒素[BUN]の基準値:高い、低い、薬の副作用
シスタチンC[Cys-C]の基準値:高い、低い、薬の副作用
クレアチンキナーゼ[CK]の基準値:高い、低い、薬の副作用
経腸栄養とは?経腸栄養剤の適応と使い分け
胃ろうとは?胃ろうカテーテルの特徴と交換時期について
電解質輸液の一覧表:種類と違い、使い分け
PPNとは?輸液の違い、特徴や留置時間について
TPNとは?輸液の違い、特徴や留置時間について
薬剤師が知っておきたい血圧計の正しい測定方法・使い方
薬剤師が知っておきたい体温計の正しい測定方法・使い方
薬剤師が知っておきたい脈拍の正しい測定方法・薬との関係
薬剤師が知っておきたい酸素飽和度[SpO2]の測定方法
薬剤師が知っておきたい呼吸数・呼吸音の違い、測定方法
薬剤師が知っておきたい意識レベルの低下、評価方法
在宅における不眠症治療-かゆみ、痛み、トイレ、認知症など-
在宅における認知症治療-中核症状、BPSD、三大認知症-
在宅におけるオピオイドと緩和ケア:依存・乱用について
在宅における介護食:低栄養、誤嚥、スマイルケア食について
在宅における脱水の危険性、経口補水液ORSの必要性
在宅医療における訪問歯科診療の役割

TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職