ロペミン[ロペラミド]作用機序、副作用、特徴

2017年12月4日

便秘薬イラスト

スポンサーリンク

ロペミン[ロペラミド]:下痢症治療薬

ロペミン[ロペラミド]は、下痢の治療薬として使用されています。

通常、便の70-80%は水分ですが80-90%になると軟便、90%以上になると下痢となります。

便秘と同様、下痢の原因となり得るものはさまざまです。

下痢の原因を大きく3つに分けてみました。

  1. 細菌やウイルスなどが原因の感染性腸炎による下痢
  2. 腸管運動の亢進や低下による下痢
  3. 腸管内容物がうまく吸収されないことによる下痢

感染性腸炎による下痢の場合は、生体にとって有害な細菌やウイルスを排除するため、自己防御機能として働いています。

そのため、単純に下痢止めを使用してはいけません。

下痢の原因をしっかりと考え、状態に合った下痢止め薬を使用する必要があるのです。

ロペミン[ロペラミド]の作用機序、特徴

前述のように、下痢止め薬は下痢の原因によって使い分けなければなりません。

一般的な下痢止め薬は、腸管運動の亢進が原因の際の下痢に使用されます。

腸管運動が亢進する場合とは、通勤や通学時、発表時などの緊張・ストレスや飲みすぎなどが当てはまります。

ロペミンは、このような腸管運動の亢進を抑制する下痢止め薬です。

ロペミンの成分ロペラミドは、ほとんど消化管から吸収されることなく直接腸壁へ作用します。

腸壁内のオピオイドμ受容体に作用することでアセチルコリンの遊離を抑制します。

これにより、腸液の分泌の抑制、過剰な腸管運動を抑制し止痢作用を示すのです。

ロペミン作用機序

やっくん

やっくん

ロペミン[ロペラミド]は、腸壁のオピオイドμ受容体に作用しアセチルコリンの遊離を抑制することで、下痢症状を改善します。

ロペミン[ロペラミド]の副作用

ロペミン[ロペラミド]は、下痢の治療薬として、1981年に発売された薬です。
代表的な副作用としては、発疹[0.11%]、腹部膨満[0.32%]、腹部不快感[0.06%]、悪心[0.02%]、腹痛[0.05%]などが挙げられます。

ロペミン[ロペラミド]の禁忌

  • 出血性大腸炎の患者
    [腸管出血性大腸菌(O157 等)や赤痢菌等の重篤な感染性下痢患者では、症状の悪化、治療期間の延長を来すおそれがあります。]
  • 抗生物質の投与に伴う偽膜性大腸炎の患者
    [症状の悪化、治療期間の延長を来すおそれがあります。]
  • 低出生体重児、新生児及び6ヵ月未満の乳児
    [外国で、過量投与により、呼吸抑制、全身性痙攣、昏睡等の重篤な副作用の報告があります。]
  • 感染性下痢患者[治療期間の延長を来すおそれがあります。]
  • 潰瘍性大腸炎の患者[中毒性巨大結腸を起こすおそれがあります。]
  • 6ヵ月以上2歳未満の乳幼児
    [外国で、過量投与により、中枢神経系障害、呼吸抑制、腸管壊死に至る麻痺性イレウスを起こしたとの報告があります。]

スポンサーリンク

人気のページ

薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました

薬剤師薬学生LINEスタンプ

Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)