コルヒチン作用機序、特徴、副作用

このエントリーをはてなブックマークに追加   

コルヒチン:痛風・高尿酸血症治療薬

 痛風イラスト

 

コルヒチンは痛風[高尿酸血症]の発作予防、発作緩解に使用される薬です。

 

痛風・高尿酸血症とは?

痛風とは、高尿酸血症の発作症状であり、字のごとく尿酸値が高くなることで生じる痛みの疾患です。

 

尿酸の原料となるのはプリン体です。
薬20%が食事から、残り80%が体内で合成されます。

 

そのため、食事からのプリン体摂取量を減らし、水分を多く摂ることで尿として身体の外へ出すことが重要になるのです。

 

プリン体の多い食品とプリン体量の目安を次にまとめています。
プリン体の摂取量は1日400mgまでに抑えましょう!

 

食品名 1回量 プリン体[mg]
鶏レバー 80g 250
豚レバー 80g 228
サンマ干物 90g(1尾130g) 188
スルメイカ 100g(1/2杯強) 187
牛レバー 80g 176
カツオ 80g(刺身5切れ) 169
サンマ 100g(1尾150g) 155
大正エビ 50g(2尾) 137
ズワイガニ 100g 136
マグロ 80g 126
鶏ササミ 80g 123
真アジ 70g(1尾150g) 116
鶏ムネ 80g 113

 

 

なぜ尿酸によって痛みを生じるのか?

通常、尿酸は私たちの身体では必要のない老廃物であるため、尿中から排泄されます。

 

尿酸結晶 

 

しかし、上記のように過剰に摂取する状態が続いたり、十分量の尿酸を排泄できなくなると、血液中の尿酸が増加してしまいます。

 

ある程度の尿酸は血液中に溶けて存在しますが、濃度が濃くなると結晶が析出します。

 

やっくん

この結晶が尿酸の針状結晶と呼ばれるもので、関節に沈着することで痛風発作を引き起こすのです。

コルヒチンの作用機序

痛風の原因は、血中の尿酸量が高くなってしまったこと=高尿酸血症によります。
その結果、尿酸が関節に溜まり、針状の結晶として析出し、炎症を引き起こすのです。

 

尿酸が炎症を引き起こす仕組み

尿酸が炎症を引き起こすのは、体内の免疫反応を担っている白血球が原因です。
析出した尿酸結晶を異物とみなした白血球が尿酸結晶を取り込み攻撃します。

 

尿酸結晶は、炎症を起こすサイトカインなどの炎症性メディエーターを活性化します。

 

炎症性メディエーターにより血管透過性が高くなり、白血球が血液中から炎症部位に遊走します。

 

尿酸炎症仕組み 

 

白血球は炎症を引き起こす尿酸結晶を異物とみなし取り込み、貧食するために活性酸素などの攻撃物質を生成します。

 

この攻撃物質が組織も障害するため、激痛を伴う痛風発作が生じるのです。

 

コルヒチンは、白血球の働きを抑制する薬であり、痛風の発作予防・緩解薬として使用されます。

 

白血球が炎症部位に集まること[白血球の遊走]を抑制することが、主な作用機序であると言われています。

 

コルヒチン作用機序 

 

やっくん

コルヒチンは、白血球の遊走を阻害することで、痛風発作の予防に働きます。

 

コルヒチンの特徴:痛風発作予防薬としての使い方

コルヒチンは、白血球がこれから起こすかもしれない炎症や痛みを抑制します。
そのため、すでに起こっている痛風発作[炎症や痛み]を抑える働きはありません。

 

よって、痛風発作の改善薬ではなく、主に痛風発作の予防薬として使用されています。

 

そのため、尿酸を減少させる作用はないため、並行して尿酸を減少させるための治療が必須となります。

 

コルヒチンの副作用

コルヒチンは、痛風発作の予防、緩解薬として、1964年に発売された古い薬です。

 

主な副作用としては、胃部不快感[0.33%]、胃腸障害[0.29%]、乱痒感[0.29%]、発疹[0.27%]、下痢[0.18%]が挙げられます。

 

コルヒチンの禁忌

  • 肝臓又は腎臓に障害のある患者で、肝代謝酵素CYP3A4を強く阻害する薬剤、又はP糖蛋白を阻害する薬剤

    [アタザナビル、クラリスロマイシン、インジナビル、イトラコナゾール、ネルフィナビル、リトナビル、サキナビル、テリスロマイシン、シクロスポリン]

  • 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人
このエントリーをはてなブックマークに追加   

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ


Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ


TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職