介護保険とは?誕生した経緯、理由、仕組み、対象者は?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

介護保険とは?誕生した経緯、理由、仕組み、対象者は?

介護保険,誕生,経緯,理由,仕組み,対象者

 

介護保険制度が始まる以前にも、実は、似たような制度がありました。

 

しかし、当時の制度は、「老人福祉制度」と「老人保健制度」の2つに分かれており非常に複雑でした。

 

1990年代に入り、少子高齢化といった言葉が使用されるようになり、特に高齢者の介護を家族だけで行うのは難しいと考えるようになりました。
これを受けて2000年に介護保険制度が始まりました。

 

高齢化グラフ 

[内閣府:平成28年版高齢社会白書より]

 

○○保険と呼ばれるものには、運営側である保険者と加入側である被保険者がありますよね。

 

社会保険では、保険者は健保組合協会けんぽ、被保険者が私たちです。
介護保険では、保険者は各市町村であり、被保険者は第1号被保険者と第2号被保険者に分かれます。

 

第1号被保険者は65歳以上、第2号被保険者は40歳以上65歳未満の方であり生活保護の方を除くほぼ全員が強制的に加入します。
現行では40歳以上が加入者となっていますが、改正のたびに年齢の引き下げが議論されています。

 

2016年8月の社会保障審議会では、オランダやドイツにならい年齢にかかわらず負担すべきではないかといった議論も出ています。
なぜなら2016年の介護保険にかかる費用は約10兆円、これが2025年には約21兆円必要であると試算されているためです。

 

介護保険21兆円 

 

介護保険は財源の約50%が保険料、約25%が国費、約25%が都道府県と市町村から成り立っています。
そのため、介護保険料の引き上げだけにとどまらず、今後は35歳や30歳などと被保険者の年齢が段階的に引き下げられる可能性があります。

 

また、介護費用を抑えるために、介護が必要になる前段階である介護予防や給付適正化に重点を置いて介護保険は改正されています。

 

介護保険についてはコチラでさらに詳しく解説しています↓

介護保険の使い方、申請・要介護・要支援認定・ケアプランとは?

介護保険を実際に使用するのは65歳を超えてからなので、実際の仕組みを理解している人は少ないと思います。介護保険の使い方についてイラストでまとめています。


このエントリーをはてなブックマークに追加   

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ



Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ

合わせて読みたいページ

在宅医療とは?
在宅医療が推進・求められる理由
入院費抑制のために在宅医療へシフト:DPC包括制度とは?
薬剤師の居宅療養管理指導と在宅患者訪問薬剤管理指導の違い
薬局における在宅医療の仕事内容・訪問診療[往診同行]の流れ
在宅医療で薬局薬剤師が学べること-門前調剤薬局との違い-
介護保険の使い方、申請・要介護・要支援認定・ケアプランとは?
介護保険改正の流れ:2000年~2015年まで
2015年介護保険改正の概要と9つのポイント
2025年問題に向けて将来介護保険制度はどう改正されるか?
白血球数[WBC]の基準値:多い、少ない、薬の副作用
ヘモグロビン[Hb]の基準値:多い、少ない、薬の副作用
血小板数[PLT]の基準値:多い、少ない、薬の副作用
プロトロンビン時間[PT-INR]の基準値:ワーファリンとの関係性
アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ[AST・GOT]の基準値:多い、少ない、薬の副作用
アラニンアミノトランスフェラーゼ[ALT・GPT]の基準値:多い、少ない、薬の副作用
アルカリフォスファターゼ[ALP]の基準値:多い、少ない、薬の副作用
γグルタミルトランスペプチダーゼ[γ-GTP]の基準値:高い、低い、薬の副作用
総ビリルビン[T-Bil]の基準値:高い、低い、薬の副作用
クレアチニン[Cr、CRE]の基準値:高い、低い、薬の副作用
推定糸球体濾過量[eGFR]の基準値:高い、低い、薬の副作用
尿素窒素[BUN]の基準値:高い、低い、薬の副作用
シスタチンC[Cys-C]の基準値:高い、低い、薬の副作用
クレアチンキナーゼ[CK]の基準値:高い、低い、薬の副作用
経腸栄養とは?経腸栄養剤の適応と使い分け
胃ろうとは?胃ろうカテーテルの特徴と交換時期について
電解質輸液の一覧表:種類と違い、使い分け
PPNとは?輸液の違い、特徴や留置時間について
TPNとは?輸液の違い、特徴や留置時間について
薬剤師が知っておきたい血圧計の正しい測定方法・使い方
薬剤師が知っておきたい体温計の正しい測定方法・使い方
薬剤師が知っておきたい脈拍の正しい測定方法・薬との関係
薬剤師が知っておきたい酸素飽和度[SpO2]の測定方法
薬剤師が知っておきたい呼吸数・呼吸音の違い、測定方法
薬剤師が知っておきたい意識レベルの低下、評価方法
在宅における不眠症治療-かゆみ、痛み、トイレ、認知症など-
在宅における認知症治療-中核症状、BPSD、三大認知症-
在宅におけるオピオイドと緩和ケア:依存・乱用について
在宅における介護食:低栄養、誤嚥、スマイルケア食について
在宅における脱水の危険性、経口補水液ORSの必要性
在宅医療における訪問歯科診療の役割

TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職