アルサルミン[スクラルファート]作用機序、特徴、副作用

2017年12月5日

腹痛イラスト

消化器疾患の治療薬として使用されるアルサルミン[スクラルファート]は防御因子増強薬に分類され、潰瘍病巣保護薬に分類されます。

今回は、アルサルミン[スクラルファート]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。

スポンサーリンク

アルサルミン[スクラルファート]:胃・十二指腸潰瘍治療薬

アルサルミン[スクラルファート]は胃・十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍、逆流性食道炎などで使用される治療薬です。

いずれの疾患においても、攻撃因子と粘膜防御因子のバランスが崩れていることが原因です。

攻撃防御因子

攻撃因子:胃酸、ペプシン、喫煙、ストレス、ピロリ菌など
防御因子:粘液、粘膜血流、プロスタグランジンなど

胃潰瘍では防御因子の減弱、十二指腸潰瘍では攻撃因子の増強が主な原因です。

胃・十二指腸潰瘍、逆流性食道炎の治療薬では、これら攻撃因子や防御因子に対して働きます。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療には、胃酸による胃や十二指腸への攻撃を防ぐ薬や、粘膜の防御を高める薬が使用されます。

アルサルミン[スクラルファート]の作用機序、特徴

胃酸にペプシン、NSAIDsといった薬からの攻撃を守るために、胃の防御機構を高める薬はいくつかあります。

  • 胃粘膜保護作用にあるプロスタグランジンの合成を促進する薬
  • 胃の粘液を増やす薬
  • 胃粘膜の血流を高める薬

などが使用されます。

胃薬はこれらの作用を複数持ちあわせた薬が良く使用されます。

アルサルミンは、主に胃潰瘍部分に保護膜を作る胃薬です。

アルサルミン作用機序

やっくん

やっくん

アルサルミン[スクラルファート]は、胃潰瘍部分のタンパク質と結合することで、保護膜[バリアー]を作り、胃・消化性潰瘍、逆流性食道炎を改善します。

アルサルミン[スクラルファート]の特徴:H2ブロッカーと効果が同等

一般的に防御因子増強薬はPPIやH2ブロッカーよりも作用が弱いため、酸分泌抑制薬と併用されることが多くなります。

防御因子増強薬の中でもアルサルミン[スクラルファート]は、単独でH2ブロッカーと同等の効果があると言われています。

[類似薬の選択コンパクトブック]

アルサルミン[スクラルファート]の副作用

アルサルミン[スクラルファート]は、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の治療薬として、1968年に承認された古い薬です。

主な副作用としては、便秘[2.2%]、口渇[0.7%]などが挙げられます。

アルサルミン[スクラルファート]の禁忌

  • 透析
    [スクラルファートはアルミニウム塩であるため、長期投与によりアルミニウム脳症、アルミニウム骨症、貧血等があらわれることがあります。]

また、アルサルミン[スクラルファート]はアルミニウムを含むアルミニウム塩であるため、キレートを形成しやすく併用薬に注意する必要があります。

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

人気のページ

おすすめ求人情報

求人バナー

薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました!

薬剤師薬学生LINEスタンプ

Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)