薬局薬剤師が知っておくべき診療報酬改定

薬局薬剤師が知っておくべき診療報酬改定

薬局薬剤師が知っておくべき診療報酬改定記事一覧

診療報酬改定の流れ-予算、改定率、中医協における審議

診療報酬改定,流れ,予算,改定率,中医協,審議 診療報酬とは、医療行為の対価として計算される値段です。その内容は、医科・歯科・調剤に分かれており、診療報酬点数表に基づいて計算され、点数で表されます。この保険点数は全国一律で決められており、1点につき10円で計算されます。医療費の高騰を防ぎ、患者へのサービスをより良くするために、原則2年に1回中央社...

≫続きを読む

2016年診療報酬改定-概要・まとめ-

2016年診療報酬改定,概要,まとめ 現行改定後後発医薬品調剤体制加算1(調剤数量割合55%以上) 18点後発医薬品調剤体制加算1(調剤数量割合65%以上) 18点後発医薬品調剤体制加算2(調剤数量割合65%以上) 22点後発医薬品調剤体制加算2(調剤数量割合75%以上) 22点

≫続きを読む

2016年診療報酬改定-後発医薬品使用の促進-

2016年診療報酬改定,後発医薬品,使用,促進 後発医薬品の普及は薬剤師の頑張りもあり順調に伸びています。2015年9月時点では59.2%です。当初の目標は2017年度末までに60%以上とされていました。その後、予想していた以上に後発医薬品が普及したためこの目標を1年前倒しにし、2016年度末までに60%以上とされました。さらに、2017年半ばに...

≫続きを読む

2016年診療報酬改定-在宅業務の取り入れ促進-

2016年診療報酬改定,在宅,取り入れ 在宅医療にかかる件数も順調に伸びてきています。在宅医療においては、介護が必要な方[要介護・要支援の認定]には介護保険の「居宅療養管理指導料」が適応されます。介護が必要ない方には医療保険の「在宅患者訪問薬剤管理指導料」が適応されます。医療保険にかかる在宅医療は横ばいですが、介護保険においては順調に数を...

≫続きを読む

2016年診療報酬改定-かかりつけ薬剤師新設-

2016年診療報酬改定,かかりつけ薬剤師,新設 医薬分業が進み、処方箋の発行枚数は増え続けています。[厚生労働省資料より]しかし、医薬分業によって患者の負担額が上がる分、患者にとってのメリットを実感できているでしょうか?残念ながら、ひとりの患者の薬を一元的に管理するという「かかりつけ薬局」は言葉すら浸透していません。現状は、クリニックや病院前にあ...

≫続きを読む

2016年診療報酬改定-門前薬局見直し-

2016年診療報酬改定,門前薬局,見直し 調剤薬局業界では、巨大な調剤薬局チェーンが参入し、店舗数が多ければ多いほど利益率が高くなる傾向があります。◇保険薬局の規模ごとの収益率店舗数1店舗2-5店舗6-19店舗20店舗以上収益率1.8%3.5%7.0%8.4%[厚生労働省:第19回医療経済実態調査]このように店舗数が多い大手の調剤薬局では内...

≫続きを読む

2016年診療報酬改定-多剤や重複投与の削減-

2016年診療報酬改定,多剤,重複,投与 在宅医療に携わっているとよく分かるのですが、お薬の量は減ることよりも増えることが多いです。一般的には6種類以上の薬を服用していると、約10%に何かしらの副作用が生じると言われています。あるデータでは、65歳以上の入院患者700人において薬の副作用が104名[約14.7%]で確認されました。副作用の内...

≫続きを読む

2016年診療報酬改定-対物業務から対人業務へ-

2016年診療報酬改定,対物業務,対人業務 これまで、調剤薬局で働く薬局薬剤師は、服薬指導を含めた“対人業務”ではなく調剤や監査、薬歴の記入といった“対物業務”に時間を掛けてきました。[厚生労働省資料より]これは、薬を貰う患者さんが最も期待すること=時間の短縮であると言われていることが原因のひとつです。時間を短縮するために、調剤や監査などの対...

≫続きを読む

2016年診療報酬改定-電子お薬手帳の活用-

2016年診療報酬改定,電子お薬手帳 お薬手帳は、東日本大震災のときに重要性が評価されました。しかし、まだまだ患者さんにはその重要性が伝わってない場合もあります。また、高齢の方ではお薬手帳をうっかり忘れてしまうこともあり、十分に活用できていないケースも見られます。そこで、普段携帯しているスマートフォンを活用して、お薬手帳の代用ができない...

≫続きを読む

2016年診療報酬改定-長期処方・分割処方で服薬数減少-

2016年診療報酬改定,長期処方,分割処方,服薬数減少 医療費の増加に伴い、医療業界ではいかにして医療費を抑制するかということが議論されています。後発医薬品の推奨、入院治療から在宅医療へのシフトチェンジ、病院のDPC化[包括化]などに加え、最近では患者さんの飲んでいる薬を減らすことを評価するようになりました。その中で近年注目されている方法が、薬剤師による...

≫続きを読む

2016年診療報酬改定-残薬削減への取組-

2016年診療報酬改定,残薬,削減,取組 本来決まった時間に服用されるべき薬ですが、飲み忘れや何らかの理由で服用できない場合があります。そのまま服用することがなく、自宅に眠っている薬を”残薬”と呼んでいます。実際に在宅医療に携わっていると、次のような残薬の山に遭遇することが頻繁にあります。服用時点において一包化していない場合が多く、袋やかご...

≫続きを読む

2018年度診療報酬改定-診療報酬改定の基本方針(案)-

2018年度診療報酬改定,診療報酬改定の基本方針,案 2018年度診療報酬改定について様々な噂が飛びかっていて、私たち薬局薬剤師は不安な日々をお過ごしかと思います。診療報酬改定においては、「どれくらいのお金が診療報酬に配分されるか=予算」と「配分されたお金をどのように使うか=診療報酬の方向性」が重要となります。診療報酬改定の流れ-予算、改定率、中医協に...

≫続きを読む

2018年度診療報酬改定:中医協が公表した個別改定項目まとめ

2018年度診療報酬改定,中医協,個別改定項目 2018年度診療報酬改定について様々な噂が飛びかっていて、私たち薬局薬剤師は不安な日々をお過ごしかと思います。診療報酬改定においては、「どれくらいのお金が診療報酬に配分されるか=予算」と「配分されたお金をどのように使うか=診療報酬の方向性」が重要となります。診療報酬改定の流れ-予算、改定率、中医協に...

≫続きを読む

2018年度診療報酬改定:中医協の答申まとめ[薬局関連]

2018年度診療報酬改定,中医協,答申,薬局 2018年度診療報酬改定について様々な噂が飛びかっていて、私たち薬局薬剤師は不安な日々をお過ごしかと思います。診療報酬改定においては、「どれくらいのお金が診療報酬に配分されるか=予算」と「配分されたお金をどのように使うか=診療報酬の方向性」が重要となります。診療報酬改定の議論の流れは以下の通りです。...

≫続きを読む

平成30年度介護報酬改定:薬局の居宅療養管理指導算定単位は?

平成30年度,介護報酬改定,調剤薬局,居宅療養管理指導 平成30年度介護報酬改定について、在宅を行う薬局薬剤師は施設在宅の単位が大幅に引き下げられると予想していたかと思います。私は、もしかしたら月4回という算定回数が月2回までに引き下げられるのではという最悪の事態まで想定していました。改定の話に入る前に、在宅医療で調剤薬局が介入するケースをおさらいしてお...

≫続きを読む

【薬学生向け】2018年度診療報酬改定前に今後の薬局業界を考えてみた

2018年度診療報酬改定,薬学生,薬局,今後 2017年12月現在、私は中小規模の調剤薬局に勤めていますが、今後の薬局業界に対して不安を持っている薬剤師がほとんどです。どのような不安かというと、2018年度診療報酬改定でどう変わるんだろう? かかりつけ薬剤師をもっと取らないといけないのかな? 後発医薬品上がらないけどどうしよう? 地域活動はもっ...

≫続きを読む

【薬学生向け】調剤薬局業界は経営危機、2018年診療報酬改定でどうなる?

2018年度診療報酬改定,薬学生,薬局,今後 私の時代は、まだ転職しても給与や待遇UPの交渉ができたんですが、今後は間違いなく厳しくなります。私と同じ失敗を繰り返さないよう、是非とも薬学生[できれば就活前]に読んでもらいたい現場のリアルな話、今回は第2回です。第2回では、ここ数年で起こった調剤薬局業界の変化と、今後働く上で薬局薬剤師がどのように...

≫続きを読む

【薬学生向け】生き残るのはドラッグストア!?医療と黒字経営の観点から今何ができる...

2018年度診療報酬改定,薬学生,薬局,今後 2018年1月現在、私は中小規模の調剤薬局に勤めていますが、私と同じく今後の薬局業界に対して不安を持っている薬剤師がほとんどです。どのような不安かというと、2018年度診療報酬改定でどう変わるんだろう?かかりつけ薬剤師をもっと取らないといけないのかな?後発医薬品上がらないけどどうしよう?地域活動はも...

≫続きを読む

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ



Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ


TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職